2006.10.15

『夜のピクニック』を観る。

夜のピクニック』を観てきました。原作は未読です。

<銀ネコ的注目点>:多部未華子ちゃんが出てる。原作が恩田陸。監督が『青空のゆくえ』の長澤雅彦。

<感想>:全体の雰囲気は悪くないし、中心になる二人の物語もそれなりに面白いんですが、その二人の秘密が最初から分かってる上に、あれだけの登場人物がいるにしては少々物足りない感じでした。思うに、ネットやレンタルでも見れる前日談「ピクニックの準備」(未見)との兼ね合いなのかもしれませんね。そっちの方に登場人物たちの「歩行祭」の前日のエピソードが語られてるようなので、それを見てるともっと面白く本編を観れるのでしょう。しかしいち観客としては、上映時間が多少延びても(実際の歩行祭も24時間歩くんですから)それらのエピソードをうまく挿入して一本の作品にして欲しかったですね。、そうすればもっと厚みのある作品になったのかも、と思いました。

<銀ネコ的小ネタ>:田部ちゃんのお母さん役は南果歩。同じく田部ちゃんの友人役に加藤ローサ。で、その南果歩と加藤ローサは今公開中の『いちばんきれいな水』で親子役。また田部ちゃんと教師役の嶋田久作とは『ルート225』で親子役。う〜ん、複雑な親子関係だ・・・。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)