« Y150<開港博>BATON(バトン)第3章が繰り上げ上映 | トップページ | 開港博<Y150>『BATON第3章』観ましたが・・・ »

2009.07.10

エヴァンゲリヲン新劇場版<破>の感想のようなもの

やっと『エヴァンゲリヲン新劇場版<破>』を観てきました。とりあえずの感想。ネタバレになるかもしれませんので一応間を空けます。

Evangelion20_hafly2

あの「翼をください」がかかった時、一瞬「これは『ラブ&ポップ』か!?庵野監督!」と思いましたが、 『ラブ&ポップ』は「あの素晴しい愛をもう一度」でしたね。でもどちらも1971年の曲というのは偶然ですか?確信犯ですよね?

それにしても「今日の日はさようなら」といい、合唱曲ばかりですね。これは曲の内容というより「合唱」という点に意味があるのでしょうね。個と全。でも、セリフも全体的にTV版に比べて多くを語っちゃってますし、歌詞の内容にもかなりの意味を仮託してるんですかね。それはあまりにもベタと言えばベタなんですが、一般受けさせるためにはそれも必要なのかな。分かりやすくするというか。まあ、そのベタさ具合が余計に深読みを誘うようになっているのですが。と、とりあえず今日はここまで。

|

« Y150<開港博>BATON(バトン)第3章が繰り上げ上映 | トップページ | 開港博<Y150>『BATON第3章』観ましたが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/45587011

この記事へのトラックバック一覧です: エヴァンゲリヲン新劇場版<破>の感想のようなもの:

« Y150<開港博>BATON(バトン)第3章が繰り上げ上映 | トップページ | 開港博<Y150>『BATON第3章』観ましたが・・・ »