« 黄金町に交番が開所ー屋根に鷹 | トップページ | みなとみらいに「キャッツ・シアター」だそうです。と謎の石碑のこととか。 »

2009.05.02

『バーン・アフター・リーディング』感想

予告編等からはもっとコメディタッチの軽い話を想像してました。もちろんノリは軽いですが、話自体はブラックで救いのないものでした。コーエン兄弟に「救いのある」話を求めることが間違っていると言われれば、その通りです。はい。そういう意味では全く「コーエン兄弟」印の作品です。

欲にかられた奴(ら)が失敗を重ねて周りを巻き込んで引き起こす悲喜劇。『ファーゴ』系でしょうか。ただ、登場人物が多いため、一人一人が類型的で、それぞれの行動にやむにやまれぬものが感じられず、「お手軽に作った群衆劇」といった印象を拭いされませんでした。前作『ノーカントリー』のヘヴィさのせいでしょうか、非常に拍子抜けしました。その軽さと結末の非情さのギャップに戦け、という見方もあるかもしれませんが・・・。

多分、監督名を伏せられて見せられれば、水準以上の出来だと思うのでしょうが、コーエン兄弟作品として自分が求めているものの違いか、脚本はよく出来てるけど画面から伝わってくるものが無い、という感じです。

Burn_after_readingfly_2

|

« 黄金町に交番が開所ー屋根に鷹 | トップページ | みなとみらいに「キャッツ・シアター」だそうです。と謎の石碑のこととか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/44868401

この記事へのトラックバック一覧です: 『バーン・アフター・リーディング』感想:

» バーン・アフター・リーディング みたよ [日本サッカーホールディングス]
映画の日だったからよ。 なんかブラッド・ピット×ジョージ・クルーニー のコンビはもういいよという感じがしていたのですが この作品ではつるんでいるわけではないので まぁいいや、です。カッコイイ役でもないし。 コーエン(?)が監督をやるとストーリーの ハイライトになりそうな場面ややイベントは わりと淡白に流してしまいますが そこが返って印象に残るわけです。 そして、普段の姿は必要以上にカッコよく しすぎないところも好きですな。 でも、絶対に先が読めないような展開に ... [続きを読む]

受信: 2009.05.04 12:30 午前

« 黄金町に交番が開所ー屋根に鷹 | トップページ | みなとみらいに「キャッツ・シアター」だそうです。と謎の石碑のこととか。 »