« ゼラチン シルバーLOVE 感想 | トップページ | 講談で考える裁判員制度 »

2009.04.10

『デメキング』感想

デメキング』観てきました。
浦沢直樹が原作のファンだとか、“漫画界最大の「怪物的傑作」”という宣伝文句に煽られて観に行こうと思った。でもヤフーの映画レビューを見ると滅茶苦茶評価が低い。観るのやめようかと思いはじめる。それとこれは別で、原作を読んでみたかったのでブックオフで見つけて買って読む。巻末のインタビューで作者(いましろたかし)が自分で“失敗作”って言ってる・・・。確かに話は破綻してるし、あのラストは・・・。でも嫌いじゃない。

で、逆にそんな失敗作をどう映画化したのか興味が沸く。しかも脚本に原作者自身が関わっている。どんな落とし前を付けてくれるのか。

原作をうまく整理してそれなりに筋の通った話にはなってる。一応ちゃんと怪獣も大暴れするし。でも・・・。でもあんな暴れ方でいいのか!?しかも今回のラストも「?」だよん!原作を読んでたから免疫はできてたけど、それでもあのラストはないよなあ。分からん・・・というかスリムにまとめた分、あのラストでも行けるって判断か?う〜む。よくあるって言えばよくあるオチだが、少なくとも原作マンガのファンが求めていたものとは違うなぁ、多分。

それに最初はやっぱりスーパーカブで走って欲しかった!

|

« ゼラチン シルバーLOVE 感想 | トップページ | 講談で考える裁判員制度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/44621846

この記事へのトラックバック一覧です: 『デメキング』感想:

« ゼラチン シルバーLOVE 感想 | トップページ | 講談で考える裁判員制度 »