« 『マックス・ペイン』感想 | トップページ | Y150ー横浜開港150周年ー4/28:初日風景 »

2009.04.27

『鴨川ホルモー』感想

鴨川ホルモー』観ました。原作は未読です。

「もっと笑わせてくれ〜」って感じでしょうか。原作は知りませんが、映像化するからにはオニやホルモーのシーンをもっとメインにもってくるべきでは。はっきり言って最初の方の山田孝之と芦名星の場面は長過ぎ。というか全体に二人の関係を前面に出し過ぎ。それが話を進める原動力なのは分かるし小説ではそれでいいだろうけど、映像化するならもっと上手に背景に隠して、テンポよく話を進めないと退屈しちゃいます。

青春映画っぽさを狙い過ぎた?こういう素材の話は、笑いの中から青春が浮き上がってくるようにしないとね。青春映画に笑いを埋め込もうとしてるから、作品世界が特異な分、そこに甘えて突き抜けた笑いが出てこないのかな。

荒川良々や石橋蓮司のファンなので彼らが出てくる度にクスクス笑えましたし、濱田岳クンも相変わらずトボケたいい味出してましたが、作品として笑える場面が少なくて残念でした。面白くなる素材は沢山そろってるのに、生かしきれていないのよね。サッカーでいうと、個人技はみんな持ってるけど、チームとして機能してない。

結局、原作はもっと面白いんだろうな〜、と思わせてしまう出来でした。

そうそう、『独立少年合唱団』で鮮烈な印象を残した藤間宇宙くんが出てたのね。エンドロールで知りました。しっかしほとんどセリフもないような役で、悲しい・・・。役名はあったようですが。

Horumofly1 Horumofly2

DVD化されてないんだー。

|

« 『マックス・ペイン』感想 | トップページ | Y150ー横浜開港150周年ー4/28:初日風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/44816211

この記事へのトラックバック一覧です: 『鴨川ホルモー』感想:

» ホルモー六景【万城目学】 [本・月のうさぎ堂]
 鴨川ホルモーにまつわる6つの恋の連作短編です。「鴨川ホルモー」を読んでから読むことをオススメします。いくつもの伏線が埋め込まれておりこのシーンがここにがるのかといちいち納得すること請け合いです。ひとつひとつの短編が感動作に仕上がっておりまだまだサイドストーリー及び続編、期待できると思います。... [続きを読む]

受信: 2009.04.28 11:02 午後

« 『マックス・ペイン』感想 | トップページ | Y150ー横浜開港150周年ー4/28:初日風景 »