« 講談で考える裁判員制度 | トップページ | 『ダイアナの選択』感想 »

2009.04.11

『トワイライト 初恋』感想

トワイライト 初恋』を観てきました。三部作の第一部ってことで、さながらそんな作りになってます。確かに既存のヴァンパイア・吸血鬼像とは違う斬新な面はありますが、どうしてもメインが主人公二人の恋愛にあるので、ホラー好き、ヴァンパイア物好きの視点からするとそっち方向の演出が弱いので不満の残る出来です。

そもそも人間社会にヴァンパイア族が住んでる時点で「禁断の恋」というテーマは避けて通れないわけで、それをことさら強調したのがこの映画ってわけで、そうしちゃったらそれはもうヴァンパイアでも宇宙人でも人種差別でも相手は何でもOKってことになっちゃう。その辺のバランスが今作ではターゲットの関係で「恋愛寄り」になってるんでしょうけどね。残念ながら日本では他の国のようにウケてはいねいようですが・・・。

多分原作の小説ではもっと違う雰囲気なのではと思うのですが、どうなんでしょうね。

「狼族」や「他のヴァンパイア族」等、今後の展開に関わってくる要素が小出しにされているので、第二部以降に期待します。

第二部『トワイライト ニュームーン』(原題)にはダコタ・ファニングちゃんも出るそうです。

そして!第三部『トワイライト エクリプス』(原題)の監督に『永遠のこどもたち』のフアン・アントニオ・バヨナになりそうな話なのでさらに楽しみっす!

ダコタ・ファニング、「トワイライト」第2作に出演正式決定 (eiga.com:2009.03.11)

『トワイライト』続編に5人の新鋭キャスト (バラエティ・ジャパン:2009.3.25)

『トワイライト』続編の新ヴァンパイア決定 (バラエティ・ジャパン:2009.04.01)

◇『トワイライト』第3弾の監督はデル・トロの弟子 フアン・アントニオ・バヨナに決定 (バラエティ・ジャパン:2009.3.13)←バラエティ・ジャパンが終了したので過去記事ももう閲覧できなくなっています。ここでも結構参照させてもらっていたのでリンク切れが沢山発生してる状況です。替わりにシネマトゥデイさんの記事を引っ張ってきました。↓(2009.07.26記)

『トワイライト』シリーズ3作目の監督はギレルモ・デル・トロが期待する新星監督に決定 (シネマトゥデイ:2009.03.13)

|

« 講談で考える裁判員制度 | トップページ | 『ダイアナの選択』感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/44633515

この記事へのトラックバック一覧です: 『トワイライト 初恋』感想:

« 講談で考える裁判員制度 | トップページ | 『ダイアナの選択』感想 »