« その顔はもう勘弁して下さい:オーストラリアの7つの贈り物 | トップページ | 『イエスマン“YES”は人生のパスワード』感想 »

2009.03.30

『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』感想

相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』です。去年、『相棒ー劇場版ー』を観てしまったのでこちらも一応押さえておきました。

『相棒ー劇場版ー』より面白かったです。正直『相棒ー劇場版ー』は謎解きにかなり無理があり映画としての出来はあまりよくありませんでしたが、こちらは地味ではありますがまだ話として納得できました。六角精児も“主役”としてのオーラはありませんが、キャラとして確立されているので物語を引っ張っていくには十分な存在感はあります。

とは言ってもあくまで『相棒ー劇場版ー』と比べての話で、作品そのものとしては全く物足りません。チラシには「触れてはいけない警察機構の闇に、辿りついてしまった!!」なんて大袈裟な文字が踊ってますが、一応そんな背景は描かれてますし、展開上もそんな期待を抱かせますが、結局はそこには踏み込まず、いい意味でも悪い意味でも意外な人物が犯人だったりします。肩すかし。まあ、別に『ポチの告白』のような強い意志を持った映画ではなく、あくまでこちらは娯楽作品なので、深いものを期待する方が間違ってるんですが、それにしても風呂敷を広げた割には犯人(動機)は・・・みたいな落胆は隠せません。

もちろんその動機は、映画の中でも言ってる通り、突き詰めれば“警察組織の闇”には行き着くのですが、その辺は何だかパターン化された“闇”で単なるハク付けのようにしか感じられませんでした。残念ながら。

|

« その顔はもう勘弁して下さい:オーストラリアの7つの贈り物 | トップページ | 『イエスマン“YES”は人生のパスワード』感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/44515168

この記事へのトラックバック一覧です: 『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』感想:

« その顔はもう勘弁して下さい:オーストラリアの7つの贈り物 | トップページ | 『イエスマン“YES”は人生のパスワード』感想 »