« 『ポチの告白』感想 | トップページ | 『パッセンジャーズ』感想 »

2009.03.23

『ワルキューレ』感想

ワルキューレ』観てきました。歴史的事実は知っているので、正直どこまで楽しめるか不安はありました。ひょっとすると「実はヒトラーの影武者が・・・」とかいう展開なのか?とかも考えましたが、さすがにがにそれは(笑)。まあ、知っているといっても結果だけだったので、そこに至る経過や駆け引き、それぞれの葛藤、事の結末etc、一連の事件の流れが分かって面白かったです。

戦争映画と言えば戦争映画ですが、戦争映画につきものの派手な戦闘シーンは無く、暗殺計画の顛末が時間軸に沿って描かれています。ウィキペディア(を信じるとしたら)なんかを見ると、かなり忠実に映画化されているようです。

歴史に詳しい人にはどう映るのかは分かりませんが、自分程度の知識の人間には、結果は知っているとはいえ、緊迫感もあり面白かったです。また、「if、もしも」という点からも興味深い事件ですよね。「もし、あの時あれが」とか想像すると、そういうパラレルワールドものがあってもいいんじゃないかとか思っちゃいますね。

オペレーション・ワルキューレ』というテレビ映画がドイツで作られていたんですね。これも観てみたい。ドキュメンタリー映画&本もあるのか。

  

ヒトラー暗殺計画 - Wikipedia

|

« 『ポチの告白』感想 | トップページ | 『パッセンジャーズ』感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/44447586

この記事へのトラックバック一覧です: 『ワルキューレ』感想:

« 『ポチの告白』感想 | トップページ | 『パッセンジャーズ』感想 »