« 2008年2月 | トップページ | 2008年10月 »

2008.03.30

『ガチ☆ボーイ』感想

主人公は高次脳機能障害(脳外傷)の青年。事故の後遺症で記憶が継続しない。一度寝ると事故から以降のことは全て忘れてしまう。元々は舞台劇のようですね。実は自分も芝居をやってた頃、劇団で、同じような記憶障害の男を主人公にした芝居を上演したことがあります。同じような症状を扱った作品に『博士の愛した数式』や『50回目のファーストキス』がありましたね。

実際の高次脳機能障害者の人たちが観るとどう思うのかは分かりませんが、あくまで“青春”“映画”であるのことを前提にお話ししたいと思います。

やはり青春映画で、そのような素材を扱う以上、もう少し(高次脳機能障害の方々には失礼かもしれませんが)記憶障害からくる笑いを取って欲しかった。それがあった方が、後々の展開で主人公の苦悩や生き方がもっと感動を呼んだんじゃないでしょうか。
『50回目のファーストキス』みたいなコメディ映画的な位置付けじゃないんだろうけど、なんかもったいない。制作者側の配慮?良心?

あと不可解なのは、最初、主人公が記憶障害だってことを観てる側にも知らせないようにしてること。予告編等で主人公が記憶障害だってことは分かってるんだから、そのような演出には意味がない。主人公がプロレス研のみんなに自分が記憶障害だってことを隠すのはいいけど、観客には不必要でしょう。それともまったく前知識無しで来てくれる観客を想定してのことか?

あと、なんで主人公が弁護士を目指すような超秀才なのかも不可解。この映画の中では現実と理想の落差を付けて、単に父親を絶望させるだけの役割しか果たしてない。そんな必要があるのか?風呂屋じゃいけないのか?風呂屋をバカにしてない?ていうかこの家は父親と妹の二人で風呂屋を経営してるのか?それはかなり無理があるでしょ。そうだとしたら一番苦労してるのは妹じゃねえのか。と、ある程度風呂屋の内情を知ってる身としては思うのであった。

あとね、途中から何度かやたら泣かせに走るのも気に入らない。それもかなりストレートなやり方で。それから最後の試合で主人公の身体の痣や傷が消えてるのは何でだ!

って結局悪い文句の方が多くなってますね。ははは。ぴあの満足度調査で1位を取ってたが、それ程のものか?ってのが正直な印象。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『魔法にかけられて』感想

面白かったですよー。ってそれだけかよ。だってこれだけヒットしてあちこちで紹介されてるんだから、今さら俺っちがとやかく言うことないでしょ。これも時代の流れかピクサーの影響か。似たような手はそうそう使えないだろうけど、使い方を間違えなければ、ネタは沢山あるだけに強力な武器になるよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『犬と私の10の約束』感想

まあ、動物ものは固いってことですかね。基本さえ押さえればそれ程ハズすことはないだろうと。犬に限らず、ペットを飼ってるみんなが主人公の家族のような気持ちで飼ってくれれば、動物たちにとってもいいことなんだろうけどね。って映画の感想になってねえや。

それにしてもここのところ豊川悦司は出まくってますね。今回は『サウスバンド』系の役作りでしたね。『犯人に告ぐ』と『接吻』では真逆の役柄でしたし。『椿三十郎』は、ミスキャストでしたね。で、『20世紀少年』のオッチョ役ってどうよ?イメージ違うんですが。ていうか髪の毛剃るの?漫画と同じ髪型にする必要はないんだろうけど、あのイメージが強烈ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ペネロピ』感想

面白かったです。王子さまがお姫様を魔法から救い出すのかと思いきや・・・。なかなか毒があってヒネリも効いていて笑えてちょっとファンタジックで。出てくるキャラがみんな濃いーし。

困ったのは、ずっとブタ鼻のクリスティーナ・リッチ嬢を見ていると、普通の鼻の顔よりブタ鼻の顔の方が愛らしく見えてきてしまうこと。

ジェームズ・マカヴォイ君もなかなかよかったですね。ナルニア1章やラストキング・オブ・スコットランドでもいい感じだったけど、今度ので自分の中での注目度がまた上がりました。次は『つぐない』と『ウォンテッド(Wanted)』(byティムール・ベクマンベトフ)か!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『人のセックスを笑うな』感想

嫌いじゃないですが、何で最後の最後にあんなメッセージを流すのかさっぱり分かりません。あれがなければそれ程印象悪くなかったかもしれませんが、アレのせいでガタ落ちです。そんなこと文字にして観客に伝えることか??観てれば誰もが感じることでしょ?それをわざわざ映画の最後に文字にして出すなんて、観客をバカにしてない?どっシラケ。

こんなことを書いてると、だんだん腹が立ってきた。2時間以上かけて、描いてるのはウジウジした男の姿だけだし。しかも現場がゆるかったのか、わざとそんなカットを使ったのか、松ケンは時々東北弁丸出しの素の演技だし。

あがた森魚さんや温水さん等の脇役陣が面白かったのが救いですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.24

2008/03/24(月)の風景〜ミスドinBモアーズ、オープン間近とか

以前ミスドが入っていた川崎モアーズの別館?が立て替えのため取り壊されてから早幾星霜。その間、川崎でミスドに行こうとしたらエスパまで行かなければならなかった。そんなにミスドのドーナツを好んで食べてたわけではないけど、たまに100円で売ってたり、ポイントで景品がもらえたりする時は買ってた。でも、そのミスドが閉店したからと言って、わざわざエスパまで行こうとは思わなかったし、無いなら無いで別に構わなかった。

とは言うものの、最近では新製品のニュースを聞いたりして、「あ〜食べてみたいなあ」と思ったこともあるのも確か。

そんな川崎駅前のミスドが間もなく再オープンです。4/1(火)、Bモアーズの1F〜3Fですね。見た感じでは以前のように1Fが販売フロアのようですね。で、以前は2Fのワンフロアだけだった客席が、2F〜3Fとツーフロアになるようです。喫煙と禁煙でしょうか。フロアを分けて完全分煙だといいですね。

20080324misd

<おまけ>

京急川崎駅とアゼリアを結ぶエスカレーターも完成間近です。こちらは3月末でしたっけ。工事用の囲いが取れていました。

20080325keikyukawasaki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.21

トレッサ横浜の特別内覧会

2008/03/26プレオープン、03/27グランドオープンの「トレッサ横浜」の特別内覧会(03/25)の招待状が当たりました。

Tressainvitationhagaki_2  しかし、ここは車じゃないと不便ですよね。まあトヨタがやってるんだから車での来場を前提にしてるんだろうけど。でも招待状には「当日は周辺道路の〜(中略)〜なるべく公共の交通機関にてお越し下さい。」って書いてありますよ。内覧会でそんななら、グランドオープンしたら週末なんか大変なんじゃない?って余計な心配しちゃいます。

公共の交通機関たって、電車の駅からはどこからも歩いて行ける距離じゃないから、結局バスしかないんですよね。まあ、ぼちぼちと行ってみますか。

トレッサ横浜

やっぱり鶴見からバスかなー。

タミヤ プラモデルファクトリーが面白しろそう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.20

ミミナハドロップスをもらいました。

川崎の地下街アゼリアで実施中のキャンペーンで「ミミハナドロップス」をもらいました。各店でおすすめの品を注文すると先着でもらえるキャンペーンです。

サクマドロップスでした。
Mimihanadrops

Mimihanadropsseal フタのところに貼ってあるシールにもちゃんと「ミミハナドロップス」「MIMIHANA DROPS」の文字が書かれてます。凝ってますねえ。しかも昨今の食の安全を考慮してか、このシールはセキュリティシールになっていて、一度剥がすとあとに文字が残るようになってます。すばらしい。


Mimihanasecurityseal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.16

川崎港海底トンネル人道を歩く

川崎駅東口駅前からバスに乗り東電前下車(200円)。バス停から直進して千鳥公園へ。あの塔の下に人道の入口がある。

080315chidoriparktou

公園内は土曜日の午後とはいえ、ひっそりとしている。話には聞いていたがやはり猫が沢山いる。誰かからご飯をもらっているようで、我々が近づいても逃げない。5〜6猫はいたか。みんなややメタボ気味だ。

080315chidoriparkneko1_2

公園を抜け、道を渡るとこんな案内板が。

080315chidoriparkpole

左折すると東扇島に向かう海底トンネルの人道入口が現れる。

080315kaikeitunnelin

この項書きかけ・・・



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.14

2008/03/14(金)の風景〜ケロロ軍曹3の感想とか

20080314morning

『超劇場版ケロロ軍曹3/ケロロ対ケロロ 天空大決戦であります!』を観たよ。今までの中では一番面白かった。敵キャラを含めた各キャラのバランスやストーリー展開等、どれを取ってもシリーズ中最もバランスがよく、戦闘シーンも見応えがあった。相変わらずファーストガンダムを観てないと笑えないギャグが多く、知らない人にはもったいないが、それはまあご愛嬌。あと、天空ってことでやや「ラピュタ」も入ってますかね。そういえば京急空港線に天空橋駅ってのがありますね。一度行ってみたいんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.13

2008/03/12(水)の風景

20080312morning

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.12

2008/03/11(火)の風景〜ジャンパーの感想とか

20080311keikyu

ようやく京急のありがとうギャラリー号と遭遇する。鶴見で通過待ちしてたら反対側のホームに入ってきたので慌ててシャッターを切るが、発車間際だったので車内からしか撮影できなかった。今度は実際に乗ってみたいよん。

TOHO川崎で『ジャンパー』を観る。う〜ん。予告編だけでよかったかな〜・・・。何がまずいかって、主人公に全然感情移入できない。銀行から勝手に他人の金を盗んで好き勝手な生活してる馬鹿な若者を応援する気になれないでしょ、貧乏勤労者からすれば。うらやましいというより腹立たしいよ。ジャンパー狩りをするパラディンを応援しちゃうもん。

そのパラディンにしてもどういう組織なのかよく分からないし。予告編からは彼らもジャンパーと同じ能力を持っているのかと思っていたらそうでないし、それなら何であんな特殊能力を持ったジャンパー達と互角以上に戦えるのか全然分からないわけよ。それにすげえ武器も持ってるし、どんな科学力なんだよ!

あと、予告編からは宇宙にジャンプするのかと思わせるカットがあったけど、そんな場面もないし。映像全体にしても予告編のイメージを超えるような斬新なものはなかったしね。88分と短くてテンポがいいのはいいんだけど、その分ストーリーが雑で面白くなかったっす。今のところ今年一番の残念賞ですかね。

『チャーリーとチョコレート工場』や『テラビシアにかける橋』のアナソフィア・ロブちゃんが出てましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.04

2008/03/04(火)の風景〜アニー・リーボヴィッツとか

若い頃は写真家になりたいと思ったこともありましたが、アニー・リーボヴィッツという名前は今回の映画で初めて知りました。日本でいうと篠山紀信的なポジション?

映画は、彼女の撮影風景に一部の関係者や親族のインタビューを交え、簡単な生い立ちや経歴を紹介していくた構成です。監督は実の妹のバーバラ・リーボヴィッツ。アーチストが作品を作る姿・プロセスを一番見せたかったそうです。確かに撮影風景は興味深いものがありましたし、興味深い発言もいくつかありましたね。でも、写真にあまり興味のない人にとってはどうなんでしょうね?まあ、被写体が有名人やセレブ達などの顔が知れた人たちなので、それなりに面白くは観れると思いますが。

商業写真がメインなんで彼女に批判的な写真家もいるんだろうとは思いますが、この映画はそんなことを描くことを目的としてないので、その辺には触れません(一部「お金が掛かって仕方ない・・」と言ってた人がいましたが)。日本でいうと、かつてあった荒木経惟VS篠山紀信みたいなことはないんですかね?

一番興味深かったのはやはりスーザン・ソンタグとの関係ですね。スーザン・ソンタグと言えば少しでも写真や現代思想に関心を持ったことのある人間なら、一度は名前を聞いたことがある存在だと思います。自分も「写真論」や「反解釈」読みました。普通に考えるとあまり類似点のないような二人が、何故に?と思いますが、人間は自分に無いものを求めるといったところなんでしょうかね。

Bookonphotography

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.03

2008/03/03(月)の風景〜音符と昆布とか

Gaitouonpu01

TOHO川崎で『音符と昆布』を観る。“Cine Musica”(シネムジカ)シリーズ第四弾。75分と言う短さで、お値段も当日価格1200円というコンパクトさ。内容もそれに見合ったものか。キャストも池脇千鶴が全てで、ちゃんと演技してるのも彼女だけ。市川由衣ちゃんとか宇崎竜童(相変わらず滑舌が悪い・・)とかは、他の誰かでもいいような感じ。

自閉症とか街灯が音符とか臭覚がないとか、広がりそうな素材があるんだけど、この映画自体が何だか閉じた感じで、こじんまりとまとまってしまってる。時間が短いせいもあるんだろうけど、もったいない。

まあ、もともとこのシリーズ自体が音楽と映像を連動させたプロモーションものらしいので、年間3〜4本の量産体制のプロジェクトに映画的完成度を求めることが間違っているようです。それでも池脇千鶴の存在感はたいしたものです。

エピック、映画製作事業に参入!第1弾はいきものがかりと連動 (ORICON STYLE:2006/08/22)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.02

2008/03/01(土)の景色

20080301sunset

三月になりました。今日は1日で映画の日なので映画は観に行きません。二月は計30本観てしまったので、しばらくは控えようかと。洗濯してボーっとしてました。

夕飯を食ってたら奥歯に詰めてある金属が取れた・・・。ちょうど今度の土曜日に歯医者の予約を入れてあってよかった。他にもあつこち歯が欠けてきてたりしてるので・・・。また金がかかる・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年10月 »