« 2月最初は『THEM/ゼム』 | トップページ | 『ウォーター・ホース』感想 »

2008.02.10

2月2本目は『子猫の涙』

Konekononamida2 オリンピックの銅メダリスト森岡栄治の波乱の人生を娘の視点から描く。まあ、こちらも実話ベースの作品なので、しかも甥っ子さんが監督ですから、話自体にはどうこう言えません。

実際の森岡栄治という人物がどういう人だったのかは知る由もありませんが、監督の目から見た森岡栄治は「アホでスケベなエロ親父」だけどもとても人間味に溢れた、かっこいい親父です。それを武田真治が自らボクシングをするだけあって、見事な肉体美で魅せてくれます。ちゃらんぽらんさもよく出てて、広末涼子や山崎邦正ともどもいい感じでした。すっごい感動があるわけじゃないけど、何だか心が温まる作品です。

*監督の森岡利行さんは『チンピラ』(青山真治)とか『鬼火』(望月六郎)の脚本を書いた人なんですね。それから『クラヤミノレクイエム』の監督さん。『クラヤミノレクイエム』、今はなき中野武蔵野館に観に行きましたよ。そしたらたまたま舞台挨拶があって。だからその時、多分間近でお顔を拝見してるんですね、一度。

『クラヤミノレクイエム』には黒川芽以ちゃんも出てたんですね。で、よく見るとこの監督の作品(監督・脚本・TV含めて)には黒川芽以ちゃん、常連じゃないですか。監督のお気に入り?

  

|

« 2月最初は『THEM/ゼム』 | トップページ | 『ウォーター・ホース』感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/40070002

この記事へのトラックバック一覧です: 2月2本目は『子猫の涙』:

« 2月最初は『THEM/ゼム』 | トップページ | 『ウォーター・ホース』感想 »