« 『リアル鬼ごっこ』感想 | トップページ | 2008/02/27(水)の風景 »

2008.02.25

2008/02/25(月)の風景。ラスト、コーションの感想とか

20080225morning

TOHO川崎で『ラスト、コーション』を観る。う〜ん、長いよん。ストーリー的にはヴァーホーベンの『ブラックブック』に似てますな。戦争、レジスタンス、体を犠牲にしてのスパイ、etc。でも『ブラックブック』が重いテーマを扱いながらもエンターテイメントとしての体裁をしっかり纏い、長さを感じさせずスリリングで感動的な物語を紡いだのに対して、アン・リー監督はあくまでもテーマに忠実にじっくりとねっとりと語る。それは確かに丁寧で重々しくはあるが、疲れる。長さがそのまま観る側に負担を強いる。何だか連続ドラマでやった方がいいんじゃない?とか思ってしまいましたよ。

時代背景等を考えれば深い意味や象徴が散りばめられていて、それらの知識のある人にすればとても興味深い作品なのでしょうが、そうでもない人にはやはり長さが感じられてしまいまするわ。勉強不足でスミマセン。

|

« 『リアル鬼ごっこ』感想 | トップページ | 2008/02/27(水)の風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/40348597

この記事へのトラックバック一覧です: 2008/02/25(月)の風景。ラスト、コーションの感想とか:

« 『リアル鬼ごっこ』感想 | トップページ | 2008/02/27(水)の風景 »