« 『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』感想 | トップページ | 『ホステル2』感想 »

2007.09.23

『キャプティビティ』『ホステル2』感想

Captivity2Hostel22

全く予想していなかったことですが、思いのほか似た構造の『キャプティビティ』と『ホステル2』でした。まあ、この手の作品ではよくあるパターンかもしれませんが。

『キャプティビティ』は一旦完成後、追加撮影・再編集のため公開が延期された経緯があります。日本語公式サイトや他のサイト上の感想等を読むと、どうやら今回公開されたバージョンはかなりカットされ短縮されてるようです。公式サイトも当初のバージョン基づいて書かれているようで、実際の公開版に合わせての修正もなされてないようです(怠慢!)。

一番大きな変更は、行方不明になった主人公ジェニファー(エリシャ・カスバート)の捜索をする警察(刑事)のシーンが無いことでしょうか。日本語公式サイトのストーリー紹介には、「地元刑事がジェニファーの行方を追っていた」とか「精神科医スーザンは手強い犯人像を分析し」とか書いてありますが、そんなシーンはありませんでした。刑事達は終わり近くになっての登場だし、精神科医(マギー・ダモンという人)に関しては一切出番無し。犯人による切り抜きのシーンで代用されたかな?
チラシや映画関連サイト上では“上映時間”が「96分」になっているのに、実際の上映時間は「84分」しかありませんでしたから(←TOHOシネマズのマイルが84マイルになっていることよる)そこんとこをまるまるカットしたんでしょうね。
結果的にそれがどういう方向に転んだのかは元のバージョンを見てないので何とも言えませんが、多分96分版では警察や精神科医が途中から絡むことで犯人がバレバレとかだったんでしょう。で、そこをカットして犯人を分かりづらくした、つもりなんでしょうね。

前置きが長くなりましたが、作品の方もそんな公開までのゴタゴタに合わせるかのような、混乱振りで。冒頭からしばらくかなりエグいシーンが続くのですが、それが終盤、犯人が分かってからは、何でそんなグロいシーンが必要だったのか全然必然性のない展開になってしまう。単に観客をビビらせる為に撮ったような場面でしかない。主人公の拷問シーンも、何やら意味ありげでアイディアを絞った感じはするけど、今となっては『SAW』の二番煎じの感は拭えない。
犯人が分かってからの展開が何だか普通のサスペンスっぽくなっちゃうのも何だかな〜って感じで肩すかし。前半の不気味さや拷問・殺し方のエグさに比べてギャップがあり過ぎ。好意的に考えれば、カットした精神科医とかの文脈(犯人のトラウマ)と繋がる部分があったんでしょうが、そのシーンが無いんだからどうしようもない。

原案・脚本が『フォーン・ブース』『セルラー』のラリー・コーエンってことで大変期待してたんですが、そもそもの脚本に問題があったのか、監督や編集に問題があったのかは定かではありませんが、それらを超えることは遠く及ばなかったってことですね。そもそもこの手の作品では、犯人の人物像や動機等にある程度の説得力を持たせないと辛いものがあるし、それと犯人を分からないようにしておく為の演出とがうまく噛み合わなかった結果がこの中途半端さになったんでしょう。だったらいっそ、もっとB級っぽく振り切れちゃった方がよかったんだけどね。トラウマ系猟奇殺人ホラーに徹するとかね。

え〜、それとですね(映画が上映される前にクレジットが入るのですが)自主規制という名の表現の圧殺の為、途中何ヶ所かグロいシーンが真っ暗にされて内容が観客には分からないようになっていところがありますのでご注意下さい。ピンポンポンポ〜ン。

長くなってしまったので『ホステル2』に関しては別ページで。

|

« 『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』感想 | トップページ | 『ホステル2』感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/16545070

この記事へのトラックバック一覧です: 『キャプティビティ』『ホステル2』感想:

» 56『キャプティビティ』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 56『キャプティビティ』 評価:★★★☆☆ 原題は「CAPTIVITY」です。 これは久し振りにグロイ映像だったかも。 随所に自主規制のブライトコントロールが施されており想像して気持悪くなったりしてました。 ..... [続きを読む]

受信: 2007.09.26 04:54 午後

« 『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』感想 | トップページ | 『ホステル2』感想 »