« 『キャプテン』感想 | トップページ | 『サッド ヴァケイション』感想 »

2007.08.31

『インランド・エンパイア』・USAバージョン『グラインドハウス』

Inlandempire2Grindhouseusavr_2

映画とはこんなにも好きに撮っていいものなのか!と思わせてくれる二作。しかもどちらも3時間超え。二日連ちゃんで観たのでいささかヘヴィーなれど心地よい疲労。

多様な解釈を許容しつつも、リンチ本人の頭の中では確実に繋がっている一本の線。その線を辿り、自らの思考をリンチ化し、自らもその物語の登場人物たらんとすることがリンチファンの至上の喜び。しかし所詮他人の脳の中に入ることはできず、我々はその投影物たる映像に対し勝手な想像と妄想と願望を巡らせるのみ。それでもそれがリンチワールドに囚われた者の快楽とすれば、我々はそこに身を委ねるしかないのか。

存在そのものが「映画」的なリンチに対し『グラインドハウス』は(B級)映画への愛に満ちた作品。がしかし、ここに普通の映画的なものを求めてはいけない。あくまでも“グラインドハウス”という映画に向けた愛の作品だから。ストーリーの整合性や細かい辻褄は関係ない。その暴力的な映画の勢いと行き当たりばったりの展開に笑い驚き歓声をあげて楽しむ。そう、タランティーノとロドリゲスの横暴に身を委ねるしかないのだ。それとフェイク予告編を作った他の三人の監督の横暴にも。

USAバージョンは『プラネット・テラー』と『デス・プルーフ』の二本立てという仕様だが、劇場公開の都合上カットせざるを得なかったシーンがあり、そのシーンを復活させ再編集しアメリカ以外の国で単独公開されるのがディレクターズカット版の『プラネット・テラー in グラインドハウス』と『デス・プルーフin グラインドハウス』だ。USAバージョンよりは時間も長く、編集も変わってるらしいのでこちらも楽しみだ。

*アメリカのグラインドハウスの上映の仕方は知らないが、せっかく日本で上映するなら日本的二本立て上映のように途中に5分くらいの休憩を入れて欲しかったなあ。

|

« 『キャプテン』感想 | トップページ | 『サッド ヴァケイション』感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/16287395

この記事へのトラックバック一覧です: 『インランド・エンパイア』・USAバージョン『グラインドハウス』:

« 『キャプテン』感想 | トップページ | 『サッド ヴァケイション』感想 »