« 『ブラックブック』感想 | トップページ | 『13/ザメッティ』『ブリック』感想 »

2007.05.06

『神童』『あしたの私のつくり方』感想

Shindo2Watatsuku2

え〜、鳴海璃子ちゃんのを二つ並べてみました。どちらも彼女の魅力が溢れている作品だと思います。ただ作品的には『神童』の方が面白かったです。共演陣も充実していたと思います。もちろん松山のケンちゃんもよかったですが、特に吉田日出子串田和美の元自由劇場コンビがいい味出してました。話しとしてもこちらの方が好きです。

あしたの私のつくり方』ももちろん面白いのですが、あの市川準監督が何故にこのような映画を撮らなければならなかったのか?と疑問に思ってしまいました。これは原作ものなので仕方ないのでしょうが、悪く言えば「ありふれたテーマ」を「ありふれた展開」で描いてるだけです。それをそう感じさせないのは監督の演出力のたまもですし、他の監督が撮っていたらもっとベタな作品になっていたかもしれません。それでもやはり原作ものである以上、それなりに映画を見慣れている観客にとっては「見飽きた」感のする作品に思えてしまうのです。もちろんこの映画を本当に観て欲しい対象はそんなひねくれた自分のような人間でないことは承知です。監督もそのつもりで撮っているからこそ、終盤、あえてあれだけベタなセリフを長々と主人公に吐かせているのでしょう。そして大人たちは、市川監督がそうまでしてこの映画を撮らなければならなかった現実にこそ目を向けなければならないのだと思います。

ただどう見てもiモードの宣伝にしか見えない画面とファッションショーをしているとしか思えない石原真理子の衣装は何とかならなかったでしょうか・・・。

|

« 『ブラックブック』感想 | トップページ | 『13/ザメッティ』『ブリック』感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/14973757

この記事へのトラックバック一覧です: 『神童』『あしたの私のつくり方』感想:

« 『ブラックブック』感想 | トップページ | 『13/ザメッティ』『ブリック』感想 »