« 『13/ザメッティ』『ブリック』感想 | トップページ | 『サンシャイン2057』『ボンボン』感想 »

2007.05.06

『ツォツィ』『プロジェクトBB』感想

Tsotsi2Projectbb2

シリアス作品とコメディ作品を並べるのは気が引けるのですが・・・、まあ赤ちゃん繋がりってことでご容赦を。どちらも「赤ちゃん」を通して心が変化していくってことで。

しかし、まあ実際に子どものいない身には、本当の赤ちゃんの威力は分かっていないのかもね。想像することはできるけど、守るべき小さな存在がどれほど強力な磁力を持つのか、本能にどれだけ訴えかけるものなのか。しかし一方ではその命を軽々しくも奪ってしまう親や大人がいるわけですが。何て全然映画の感想になっていませんが、『ツォツィ』は映倫がR-15指定にしてしまいましたが、全然その意図が分かりません。というか映画を作品として観ていないことがありありと分かります。確かに電車の中で人を刺すシーンは強烈ですが、その後のツォツィの心の変化を描くには必要なシーンですし、R指定することで得られる映倫的教育的配慮のメリットより、見れなくなる観客層への映画的感動の機会を奪うデメリットの方が大きいと思うのですがね。

プロジェクトBB』は、もうジャッキーのエンタメ作品ってことで、まあ笑って最後にホロリ。と、チラシの文句を書いておきます。あ、そう言えばルイス・クーが『エレクション』で見せたクールな役とは真逆のトボケた役で奮闘してましたな。あれ、『柔道龍虎房』や『忘れえぬ想い』『OVER SUMMER』とかにも出てたのか!失礼!意外と見てるじゃん、俺。

|

« 『13/ザメッティ』『ブリック』感想 | トップページ | 『サンシャイン2057』『ボンボン』感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/14975958

この記事へのトラックバック一覧です: 『ツォツィ』『プロジェクトBB』感想:

« 『13/ザメッティ』『ブリック』感想 | トップページ | 『サンシャイン2057』『ボンボン』感想 »