« 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(試写会)感想 | トップページ | 『善き人のためのソナタ』感想 »

2007.04.01

『ハッピーフィート』感想

Happyfeet2これほどハードな展開の作品だとは思いませんでした。ある程度の評判は聞いていたものの、ペンギンアニメだと甘く見てました。実際に動物園にはノイローゼになる動物は結構いるらしいし。とは言うもののやはり無垢な子どもも観ることを考慮してでしょうが、ハードなままのエンディングはむかえられなかったようです。かなり行くとこまで行ってくれましたが、そこから先は一転ハッピーな展開になります。ハッピーがいけないわけではなく、そのあまりの唐突な転調に唖然。そこにどおいう意思・狙いが隠されているのかは計りかねますが、捻くれた大人にはいささか拍子抜けでした。あと、個人的には「歌」と「踊り」は切っても切れない関係だと思うので、皇帝ペンギンを「歌」のみの存在とする設定には疑問をおぼえました。

ラテン系ペンギン5人組「ジ・アミーゴス」最高!彼らでスピンオフものを作って下さい。そう言えば『マダガスカル』でも4人組の「ペンギンズ」が最高に可笑しかったですね。スピンオフも作られましたし。

|

« 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(試写会)感想 | トップページ | 『善き人のためのソナタ』感想 »

コメント

私ハッピーフィート見たいと思うのですが
本当に面白いですか

投稿: 特 | 2007.04.07 06:55 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/14477557

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハッピーフィート』感想:

» 「ハッピーフィート」見ました。 [プロ野球ファンの子育て日記]
小3の娘と、その友達の3人で「ハッピーフィート」を見に行きました。娘は事前に本を [続きを読む]

受信: 2007.04.01 07:59 午前

« 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(試写会)感想 | トップページ | 『善き人のためのソナタ』感想 »