« 『蟲師』感想 | トップページ | 『絶対の愛』感想 »

2007.04.07

『檸檬のころ』感想

Lemonnokoro2 正直、今時こんな純情で汚れなき物語などありはしないだろう、とは思いつつも、自慢じゃないけど俺も昔はこうだったなぁ〜などと感じる部分もあったりして頷いている自分もいたりする。不器用でぶきっちょな青春。だけど真っ直ぐ。スピリチュアルな点ではとてもいい作品だと思います。でも岩田ユキ監督も長編第一作目ということで演出がまだまだ不器用で真っ正直な感じ。贔屓目で見れば、その初々しさが内容とオーバーラップして好感が持てると言えるけど、次回からはそんな甘えは許されないでしょう。

柄本佑くんが相変わらずいい味出してます。石田法嗣くんと谷村美月ちゃんは『カナリア』組か。でも石田法嗣くん、今回はパッとしてなかったなぁ。一人で場面を暗くしてるだけだし。あれが演出だとしたらマズってるよね。それに比べて美月ちゃんは明るくエネルギッシュでよかった。『魍魎の匣』と『リアル鬼ごっこ』(こっちでは柄本くんのお父さんと共演ですか。原作は酷評ですが・・・)にも期待。榮倉奈々ちゃんは初めて。大地康夫がワンポイントでおいしい役をやってました。林直次郎くんは、まあ役者は初めてってことで。

|

« 『蟲師』感想 | トップページ | 『絶対の愛』感想 »

コメント

コメント&TB失礼します。
「カナリア」から2年(3年?)、二人とも随分成長が早いなぁと、
彼らの年頃だったらそれも当然なんですが、
その間に僕が成長してないことにガッカリです。
不器用で初々しい青春は共感より羨望が強く、
こんなハイスクールライフを僕も過ごしたかったです。

投稿: 現象 | 2007.04.12 01:55 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/14587435

この記事へのトラックバック一覧です: 『檸檬のころ』感想:

» 檸檬のころ@シネ・アミューズ [ソウウツおかげでFLASHBACK現象]
鬱々とした高校時代だった。学校帰りに寄り道することはあまりなく、休日に友人と出かけることもほとんどなく、何かに対して熱くなるなんて皆無で、趣味や友人どころか当時どんなことをしていたかという記憶すらない。しかしその鬱屈した思春期は今の価値観を形成してそれを否... [続きを読む]

受信: 2007.04.12 01:47 午後

« 『蟲師』感想 | トップページ | 『絶対の愛』感想 »