« 『善き人のためのソナタ』感想 | トップページ | 『檸檬のころ』感想 »

2007.04.04

『蟲師』感想

Mushishi2う〜ん・・・。原作の漫画はかなり前に読みました。でも、それほど面白いとは思わなかったので熱心に追いかけませんでした。4巻くらいまでですかね、読んだのは。深夜アニメの方はたまに見てました。

で、映画ですね。入念なロケハンをやっただけあって、雰囲気はありますね。でも一体全体何を言いたいのかさっぱり分かりませんでした。それは肝心の”蟲”のことがちゃんと描けてないからだと思いました。蟲と人間の関係や、何でその蟲がその人間に棲むようになったのか、とか。そこが漫画の面白さだったと思うのですがね。

映画はギンコや淡幽、その他のキャラの方に重点がいってて、彼らがやってることの中身というか意味がよく分からなくなってます。虹郎なんて何の為に出てきたか意味不明。大森君には罪はないのにねぇ。もっと言えばこの役はこの人でなくては!というのがなかった。他の誰かがやってもいいような撮り方(演出)。これだけのキャストを揃えてるのにもったいないもったいない。

出だしはまだよかったと思います。漫画でも1巻の二番目の話しですね。そこから一つずつエピソードを積み重ねていけばよかったんだと思います。変に時間軸をいじくったりしてギンコの生い立ちなんて入れるから、分かりにくくて冗長な印象になるんですよ。それとギンコがトコヤミに憑かれてしまったのに、そこから抜け出す過程が描かれてなくて、いつの間にかフツーに戻ってるのもヘンでしょ!脚本と構成とエピソードのチョイスが悪いってことか。

庄屋夫人役のりりぃとたま役の李麗仙がよかった。李麗仙と言えば状況劇場。大森南朋くんのお父さんは麿赤兒。麿赤兒も状況劇場に居たわけだから、大森南朋くんは子どもの頃からは李麗仙は知っていたのか?そうだとしても映画での共演は初めてではないかしら?二人の掛け合いのシーンは気が合ってたように思えたのは気のせいかしら。

*109シネマズ川崎の舞台挨拶(オダギリジョー&大森南朋)付きの回で観ました。さすがに満員。受付開始が9時半で開映が10時。オンライン予約の人が多かったらしく2台しかない発券機には長蛇の列。開映が20分押しました。チケットが完売してることは分かってるんだから、劇場側は500超の人間を効率よく入場させる算段を取っておくべきでしょう。ちなみにその時の舞台挨拶の様子は公式ブログにあるのでそちらを参照して下さい。

|

« 『善き人のためのソナタ』感想 | トップページ | 『檸檬のころ』感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/14553746

この記事へのトラックバック一覧です: 『蟲師』感想:

« 『善き人のためのソナタ』感想 | トップページ | 『檸檬のころ』感想 »