« 『キャプテントキオ』『龍が如く-劇場版-』 | トップページ | 『不都合な真実』の真実はどこにあるのか? »

2007.03.11

『幽閉者』『カインの末裔』

Prisoner2Cainsdescendant2

幽閉者』『カインの末裔』。どちらも田口トモロヲがエキセントリックな役を演じていて、監督が独自のスタンスで映画を撮っているってところが共通点か。あ、あとどちらの作品も名前と顔が一致する役者が少ない。『幽閉者』なんか大久保鷹(状況劇場の時はファンだったのに!)とか流山児祥とか松田政男とか平岡政明とか四方田犬彦とか渚ようことか秋山裕徳太子とか、ねえ。あ、奥秀太郎監督は「どの映画にも同じ役者が出てくる日本映画の現状はしっくりこない。自分の現場から、映画スターが育っていくのを見たい」って言ってますね。

そしてどちらも何か奥が深くて色々言いたいことがありそうなんだけど、それが何なのか今ひとつよく分からない。それは最近自分が、理解力と思考力を求めるような作品を観なくなったせいかもしれないし、年のせいで頭が固くなってきたせいかもしれない。と言う自己反省は置いといて。
主人公が”どこにも自分の居場所を見つけられない男”というのも共通点してる。そしてどちらも人殺しの先に行き着いた場所が「牢獄」と「川崎」。

幽閉者』はなかなかファンタジックな作りで、監督の主張を柔らかくしてますが、それが返って心の闇というか傷の深さとそれを経験してきた者の厚みを感じさせます。同時にそれが軽々しく作品に対して語ることの難しさにもなってます。語ればこちらの浅はかさがバレてしまいそうな。そうならないように随分分かりやすく作ってあるんだとは思うんですが、キャスト・スタッフの顔ぶれだけで元アングラ演劇青年はビビッてしまいます。

一方『カインの末裔』はかなり直接的にぶつけてきてますね。”ハードコア・ファンタジー”って言ってるけど”ファンタジー”の部分はあまり感じませんでした。それと川崎の工業地帯が舞台なんですが、現川崎市民としては未だに”灰色”のイメージかよ!って感じですね、正直。もちろん夜光なんかの臨海部のモロ工場群地帯は今でも煤煙なんかがすごいのかもしれませんが、少なくとも駅周辺の再開発や工場の移転やハイテク企業の進出で空気もかなり綺麗になってるんハズなんですがねぇ。外から見るとまだまだ公害の町なんですかね。とは言うものの自分も川崎のディープな部分を知り尽くしてるわけでもありませんしね。でも南武線はもうセメントは運んでないんじゃないの?「武蔵野南線のトンネル潜って鶴見で乗り換えて」とかにすれば鉄ちゃんファンが喜んだかも。でもそれじゃ一旦横浜市に入っちゃうしな。でも夜光に行くならその方がリアルだな。鶴見線で京浜工業地帯を横断できる。まあ貨物線だけどね。

まあ、日本の高度経済成長を支えた京浜工業地帯そのものが日本という国の鬼子でありカインの末裔であり、それはつまりこの物語の登場人物はすべからく”汝殺すなかれ”という主の教えを守れない”カインの末裔”であると捉えればいいのかもしれませんが。そしてそのカインの末裔たちが殺し合う絶望の物語ですか。でも主人公は兄弟殺しじゃなくて親殺しなんだけどなぁ。人類みな兄弟ってことですか?いや、そんなことじゃなくて大雑把で身勝手な神についての物語?う〜ん、こうやって書きながら調べながらしているとそれなりに考えられるもんですなぁ。合ってるかどうかは別として。

しかし同じ川崎を舞台にし、南武線とも関わりの深い「京浜工業地帯の父」と言われた浅野総一郎(セメント王!)を主人公にした映画『九転十起の男 浅野総一郎の青春』が109シネマズ川崎で公開されたのに、同じ川崎を舞台にしてるのに『カイン末裔』は渋谷のみの上映。ってこんなマイナスイメージの作品を上映なんかするわけないって?チッタあたりには英断を期待してたが・・・。
でもやっぱり川崎は”カイン末裔”なのか?!と思われるイベントがあります。

探偵事務所5の新作『カインとアベル』がチッタでプレミアム上映&トークショー(探偵事務所5コミュニティサイト)

内容は知りませんが、時を同じくして「川崎」と「カイン」という単語が結びついた作品が公開されることに何か意味があるのかも、と思ってしまいました。もちろんチケットは入手済み。

ちなみに川崎市川崎区夜光はこの辺りですね。
神奈川県川崎市川崎区夜光(Google マップ)

|

« 『キャプテントキオ』『龍が如く-劇場版-』 | トップページ | 『不都合な真実』の真実はどこにあるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/14229599

この記事へのトラックバック一覧です: 『幽閉者』『カインの末裔』:

» 109シネマズ [ラゾーナ]
JR川崎駅西口前のショッピングモール、ラゾーナ川崎プラザについて店舗情報などを紹介します。 [続きを読む]

受信: 2007.03.16 12:48 午前

» 奈佐健臣 Vol.49 [飛行記]
「お。これは芝居のセットだな」 と、トラックの運転手さん(以下、運ちゃんとします)は言った。 レンタルボックスの引っ越しの日である。今年は川口での公演が続くので、おもいきって川口のボックスに荷物を移す事にしたのだ。 「よくわかりましたね」と、俺。 「ん....... [続きを読む]

受信: 2007.03.18 10:30 午後

« 『キャプテントキオ』『龍が如く-劇場版-』 | トップページ | 『不都合な真実』の真実はどこにあるのか? »