« 『ダウト』感想 | トップページ | 『超劇場版ケロロ軍曹2-深海のプリンセスであります!』感想 »

2007.03.23

『松ヶ根乱射事件』感想

Matsugane2山下敦弘監督の大部分の作品に共通するのはその独特の間と作品全体に漂うダウナー感だと思います。舞台になるのも都会ではなく閉塞的な地方都市。その中でもがき続ける人間模様。その観点からするとこの『松ヶ根乱射事件』は初期の『どんてん生活』『ばかのハコ船』の系列に属するものだと思います。『松ヶ根〜』の木村祐一と川越美和のカップルは『ばかの〜』の山本浩司と小寺智子のその後の姿にも見えますし。

今回も劇的な演出(事件)はなく、淡々と話しは進み人々は壊れていく。この味わいが魅力であるのだけど、いささか飽きてきたというのも正直なところ。特に今回はそのタイトルにちょっとしたオチ?があるのだけど、「全部それをいうための前振りかい!?」みたいに感じてしまい、それはそれで壮大なおかしさではあるのだけど、個人的にはちょっとマイナスになってしまったようです。次回の『天然コケッコー』を楽しみにしてます。

|

« 『ダウト』感想 | トップページ | 『超劇場版ケロロ軍曹2-深海のプリンセスであります!』感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/14347156

この記事へのトラックバック一覧です: 『松ヶ根乱射事件』感想:

« 『ダウト』感想 | トップページ | 『超劇場版ケロロ軍曹2-深海のプリンセスであります!』感想 »