« 『超劇場版ケロロ軍曹2-深海のプリンセスであります!』感想 | トップページ | 『許されざるもの』感想 »

2007.03.24

『ポイント45』感想

Point45監督によるとどうやらこの作品はDV被害に苦しむ女性のサスペンスな復讐劇らしいです。それは分かります。が、DVの部分をじっくりと丁寧に描き過ぎてて、”復讐”の部分があまりにもお粗末な仕上げなので非常にバランスの悪い作品になってます。96分というコンパクトさはうれしいですが、それだったらもう少し復讐への伏線とか仕掛けを張っていかないと、ミラ・ジョヴォヴィッチがどのくらい”したたか”で”利口”なのか全然分からないよ。所々にインタビュー形式の場面を入れてるけど、その使い方も効果的じゃなくてわざとらしいし。もう少し長くなってもいいから復讐の過程もちゃんと描いて欲しかった。カットしたのかな?まあ、一番の問題点は復讐の仕方に全然工夫がないってことかな。サスペンス感もまったく無いし。残念でした。『バイオハザード3』
に期待しましょう。

DV=ドメスティック・バイオレンスのことです。念のため。

|

« 『超劇場版ケロロ軍曹2-深海のプリンセスであります!』感想 | トップページ | 『許されざるもの』感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/14365850

この記事へのトラックバック一覧です: 『ポイント45』感想:

« 『超劇場版ケロロ軍曹2-深海のプリンセスであります!』感想 | トップページ | 『許されざるもの』感想 »