« 『幸福な食卓』を観てきました。 | トップページ | 『世界最速のインディアン』を観てきました。 »

2007.02.03

『ディパーテッド』V.S.『あるいは裏切りという名の犬』米仏ネズミ対決の結果は!?

Departed236qual2

両方の作品をご覧になった方ならご承知のことと思いますが、両作品に共通のアイテムとして”ネズミ”が出てまいります。わたくし、『ディパーテッド』→『あるいは〜』と続けて観たもので、自分としましてはあのラストのねずみがそのままオープニングで出てきたのかと思いびっくりしました。あはは。

スコセッシ監督が「撮りたくないのに撮った」みたいな発言をしたらしいが、それがそのまま表れたような出来。前半の引っぱりから2時間以上の長さを見せきるものはあるが、終盤のバタバタ感やラストの投げやりなギャグには失笑してしまった。香港映画とは別物とはいうもののジャック・ニコルソンの濃厚な演技だけが目立ち、それ以外はやたら泥くさい雰囲気で、主演二人の演技も観てて疲れる。君らには哀愁とか憂いってものが無いのだよ。お願いだから続きは作らないで、と言ってみてもヒットしてしまったら放っておくはずのないハリウッド。

それに比べて『あるいは裏切りという名の犬』(オリヴィエ・マルシャン監督)のなんと素晴らしいことか。重厚さと鋭さと優しさが混じり合った傑作。何度か涙が出てきた。ベテラン俳優の演技(ダニエル・オートゥイユ& ジェラール・ドパルデュー)はもちろん、監督自身に「何を撮ってるか」という自覚と自信があるからこそ、これだけ心に響く作品が出来上がったのだろう。その、作品に対する姿勢こそが『ディパーテッド』とこの作品の出来を分つポイントだ。せめてスコセッシはねずみの使い方をもっと勉強するように!

しかし!!ここにもやはりハリウッドの魔の手が!!デ・ニーロがリメイク権を獲得して自分が主演で撮ろうとしてるらしい。共演はジョージ・クルーニー。何でもデ・ニーロと ジェラール・ドパルデューは旧友らしいっすね。
『あるいは裏切りという名の犬』 ロバート・デ・ニーロ & ジョージ・クルーニー主演でハリウッドリメイク!(CINEMA TOPICS ONLINE 2006/09/21)

ロバート・デ・ニーロとジョージ・クルーニー、リメイク映画で共演(シネマトゥデイ 2007/01/09)

|

« 『幸福な食卓』を観てきました。 | トップページ | 『世界最速のインディアン』を観てきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/13773289

この記事へのトラックバック一覧です: 『ディパーテッド』V.S.『あるいは裏切りという名の犬』米仏ネズミ対決の結果は!?:

» 36 Quai des orfevres [美味しゅうございました。]
『36 Quai des orfevres』 オルフェーブル河岸36番地→パリ警視庁の住所 ? ? で、邦題は・・・・・ ? 『あるいは裏切りという名の犬』 ? 良い映画でした。 オヤジ達の戦い、格好良かったです。... [続きを読む]

受信: 2007.02.05 10:31 午前

« 『幸福な食卓』を観てきました。 | トップページ | 『世界最速のインディアン』を観てきました。 »