« 『ドリームガールズ』を観てきました(試写会)。 | トップページ | 『フィレーネのキライなこと』を観てきました。 »

2007.02.11

『墨攻』を観てきました。

Bokkou2自分にとっての『墨攻』は酒見賢一氏の小説です。漫画化されていることは映画化の話しを聞いて知りました。なので映画の元となった漫画は未読です。小説もかなり昔に読んだものなので詳細は忘れてます。探してみたら文庫本が出てきたので先日冒頭の数十ページだけ読み返してみました。以上のような状態での鑑賞となりました。

スペクタクル映画としてはなかなか楽しめました。しかし”墨家”及び”墨家としての革離”の描写が今ひとつ際立ってなく、墨家の思想というものがどういうものなのかよく分からず、また”知略に富んだ戦い”と言う割にはフツーの戦いのように思え、どこが”墨攻”なのか、その特異性が感じられませんでした。

まあ、墨攻だと思わず、中国戦国時代の戦争映画だと思って観ればよいのではないでしょうか。ありきたりと言えばありきたりな人間模様や展開ですが、それなりに見応えはあります。それ故、もっと墨家の墨家たる、或は革離の革離たる部分が鮮烈に出ていればより厚みのある作品になったのではと思います。

*あらためて小説をながめてみましたが、映画では”10万の敵”ですが小説は”2万”じゃないですか。映画、サバ読み過ぎ。ははっは。革離も善人過ぎ。

|

« 『ドリームガールズ』を観てきました(試写会)。 | トップページ | 『フィレーネのキライなこと』を観てきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/13867803

この記事へのトラックバック一覧です: 『墨攻』を観てきました。:

« 『ドリームガールズ』を観てきました(試写会)。 | トップページ | 『フィレーネのキライなこと』を観てきました。 »