« マリー・アントワネットの悪夢 | トップページ | 『ラッキーナンバー7』を観てきました。 »

2007.01.26

『それでもボクはやってない』を観ました。

Soreboku2観てきました。周防正行監督の『それでもボクはやってない』。怖いですねぇ、恐ろしいですねぇ。他人事ではありませんねぇ。満員電車にはもう乗れませんねぇ。裁判・冤罪・警察etc。一歩間違えれば明日はわが身ですからね。可笑しいシーンもあるんですが、笑うに笑えませんでした。素材が”痴漢”という身近なものだけに余計にリアルに感じたのでしょう。本当に自分は無罪だとしてもあのように主張し続けるだろうか?これから始まる陪審委員制度<裁判員制度>では余計に”心証”という点に重きが置かれそうだし・・・。裁判所とは本当に何をするところなんでしょうかね?

ひとつ疑問に思った点が。予告編では主演の加瀬君が裁判長席の方に向かって駆け出していくシーンがあるのですが、本編ではそれらしき場面がなかったのですが、カットされたんですかね?予告編を見た時から楽しみにしてたシーンだけにとても残念な気持ちでした。もし自分が見逃していたとしたらお詫びしますが。

[追記]上の文章で訂正してありますが<陪審制度>と<裁判員制度>は別のものなのですね。今度日本で始まるのは<裁判員制度>。アメリカなどで採用されている<陪審制度>とは判決に対する裁判官関与や量刑の判断の有無の点で違うようです。その他<参審制度>というのもあるんですね。詳しくはこちらをどうぞ。

それにしてもこれで自分も”裁く”側に回る可能性が出てきたってことですね。人が人を裁くことの傲慢さ。裁かれることの不合理さ。それでも法治国家として人が人を裁くしかない現実。なのに肝心の司法のシステムが硬直化し、権力に追従せざるを得ない現状。せめてこの映画の冒頭と最後に掲げられた言葉を忘れないようにしたいと思います。

[追記2]そう言えばフリッツ・ラングの『条理ある疑いの彼方に』を観た時も同じような恐ろしさを感じました。でもこれってDVD化されてないみたいですね。残念!

|

« マリー・アントワネットの悪夢 | トップページ | 『ラッキーナンバー7』を観てきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/13662127

この記事へのトラックバック一覧です: 『それでもボクはやってない』を観ました。:

« マリー・アントワネットの悪夢 | トップページ | 『ラッキーナンバー7』を観てきました。 »