« 『ラッキーナンバー7』を観てきました。 | トップページ | 『エレクション』を観てきました。 »

2007.01.28

義手対決は百鬼丸だがエンタメ的には肉鈎

Seenoevil2Dororo2

<昼>
シー・ノー・イーヴル』は確かに正統派スプラッター。エロはほとんど無いが、グロさは直球勝負。悪ガキたちはパターンだし、殺人鬼の生い立ちも定番的で全体に新鮮さは無いが、ツボを押さえた演出には安定感がありテンポもよい。個人的には義手の警官のおじさんにもっと活躍して欲しかった。百鬼丸のように中に得物を仕込んであるのかと期待してたのに。
『デビルズ・リジェクト』や『ホステル』で盛り上がった感のあったシアターNのホラーシリーズですが、今回は空いてて寂しかったっす!

<深夜>
どろろ』。昼間観た『シー・ノー・イーヴル』とは義手と目ん玉取り出しで繋がった。ははは。それにしても予告編から覚悟はしてたが、やはりかなりキツかった。春先にCSでやってたアニメ版のどろろを見ていたため、どうしても比較してしまうのもあるが、それは仕方がないことなのでご容赦あれ。で、以下ダメだった点。

  • ギャーギャー五月蝿いだけの柴咲コウ
  • 着膨れしている妻夫木聡(百鬼丸としてはそれなりに)
  • 全然なじんでないCG
  • どろろと一緒の犬(シロだっけ?)がいない
  • 中盤の間延び
  • スケール感がなく格好悪い城(どうせなら動かせ!)
  • 主題歌(ミスチルのエンディングの曲)

それだけじゃあんまりなので良かった点も。

  • ニュージーランドロケ
  • 異国情緒あふれる町?(百鬼丸とどろろが出会う町)
  • 中井貴一
  • 音楽(BGM)

果敢に実写化に挑んだスタッフ&キャストの方々には敬意を表しますが、結果出来上がったものでしか観客は判断できませんので。エンターテインメント作品を目指したようですが、監督の描きたかったテーマがエンタメ的にうまく取り込めてないというか、そこにくると流れが止まるというか。2時間以上あるんだからもっと観る側を引き込んでくれないと。『どろろ』より長い『それでもボクはやってない』の方が長さを感じなかったですわ。

前から思ってることですが、漫画や小説やアニメの既存の資産を食いつぶすより、オリジナルな企画にお金を使って下さい。さもなくばきっちり全部映画化するか。すでにある長いものを短くするのは削る(=マイナス)作業です。そおいうところに貴重な才能を使うのはもったいないと思うのです。お願いします。

|

« 『ラッキーナンバー7』を観てきました。 | トップページ | 『エレクション』を観てきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/13686617

この記事へのトラックバック一覧です: 義手対決は百鬼丸だがエンタメ的には肉鈎:

» 再・映画『どろろ』感想 [25peso]
映画『どろろ』感想に観た直後の感想は書きましたが、齋藤孝氏のことばも思い出して、書き足すことにしました。(齋藤孝『使える読書』p29「好意的に書く理由」) そして実際書いている途中、無理やりにでも「面白かった!」と思うことのほうが、自分にとってはプラスなのだと気づきました。 よりよい作品を市場に流すためには酷評することが必要ですが、それと同時に無理やりにでもプラスに再解釈するという行為はとても創造的だと。 というのは、欠けているピースを自分で埋め合わせたり、新しい視点を探したりしなければならな... [続きを読む]

受信: 2007.01.28 09:57 午前

» 柴咲コウ 画像 動画 ニュース [柴咲コウ 画像 動画 ニュース]
柴咲コウ応援ブログ [続きを読む]

受信: 2007.01.28 11:07 午前

« 『ラッキーナンバー7』を観てきました。 | トップページ | 『エレクション』を観てきました。 »