« 10月映画ランキング(10/9) | トップページ | 『夜のピクニック』を観る。 »

2006.10.11

『レディ・イン・ザ・ウォーター』を観る

多分『シックス・センス』の衝撃がいまだに影響しているのでしょうが、どうしても”あの『シックス・センス』の監督の”と形容されてしまうM・ナイト・シャマラン監督の最新作『レディ・イン・ザ・ウォーター』です。しかし『シックス・センス』はここでは一度忘れましょう。その後に続く『サイン』や『ヴィレッジ』等の作品を観ればわかるように(自分の中では『アンブレイカブル』は別格です)、彼はりっぱなトンデモ系の監督なんです。そして愚直なまでに大まじめなんです。今回も”自分の子どもたちに聞かす為に作ったお話”なんですから目くじら立ててはいけません。ファンタジーです。そこに理論的な展開や意外な結末を求めてはいけません(いや、ある意味以外な結末なのかもしれないが)。あるがままを受け入れるのです。そうすればそこに豊かな物語世界が広がるじゃあーりませんか。

てなわけで、隠れシャマラン派としてはなかなか楽しめました。いやホント。根が子どものせいか、すんなりとシャマランワールドに入っていってました。細かいことは気にならないわけではありませんでしたが、
気にする程でもないと思いました。だってシャマラン監督ですもん。

|

« 10月映画ランキング(10/9) | トップページ | 『夜のピクニック』を観る。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/12234869

この記事へのトラックバック一覧です: 『レディ・イン・ザ・ウォーター』を観る:

« 10月映画ランキング(10/9) | トップページ | 『夜のピクニック』を観る。 »