« 2006年3月 | トップページ | 2006年8月 »

2006.05.28

5月映画ランキング(5/28更新)

『Vフォー・ヴェンデッタ』
『グッドナイト&グッドラック』
『ククーシュカ ラップランドの妖精』
『ドッグ・デイズ』NEW!
『柔道龍虎房』NEW!
『タイフーン/TYPHOON』
『寝ずの番』
『ジャケット』NEW!
『陽気なギャングが地球を回す』NEW!
『ブロークン・フラワーズ』
『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』
『アンジェラ』
『小さき勇者たち ガメラ』

今更日常の狂気を描いてどうなるんだ?という思いはあるものの、こう身近な日常に狂気が氾濫している現状では、ささやかな狂気の積み重ねが自分も含め大勢の人たちに浸透していき、後はそれが決壊するのを待つだけの状況だとあらためて実感させてくれた『ドッグ・デイズ』を、久々に不快感を味わせてくれた感謝の意味も込めて上位に。

作品的にはかなり無理と無茶があるものの、敬愛すべきジョニー・トー監督のその思いの深さに打たれて『柔道龍虎房』を無理矢理上位に。

「sWinG maN」「パコダテ人」と注目してきた前田哲監督の『陽気なギャング〜』。常連の木下ほうか、田中要次、粟田麗などの(さすがに宮崎あおいちゃんは欠場だったが)脇が楽しめるのとCGの使い方は面白かったが、ラストが今ひとつ分かりにくかったのと、どう見ても演説のエキスパートに見えない佐藤浩市が難点。『ドッグ・デイズ』のアナさんを見習って下さい。それとロマンや4人のキャラ設定はいいが、銀行強盗にももう少しリアリティが欲しかった。あんな簡単に金庫が開くかい?でもまあエンターテイメント作品としてはそこそこの出来か。

『ジャケット』は雰囲気があっていいんだけど、あのラストは職業差別にならないの?乗ってる車や職業でその人の幸不幸を判断するのはどうかと。その辺『バタフライ・エフェクト』はうまかったね。つうことでランクはやや低めに。

『ドッグ・デイズ』オフィシャルサイト

DVD バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション <送料無料>(イーエストイズ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.18

5月映画ランキング(5/18更新)

『Vフォー・ヴェンデッタ』
『グッドナイト&グッドラック』NEW!
『ククーシュカ ラップランドの妖精』
『タイフーン/TYPHOON』
『寝ずの番』NEW!
『ブロークン・フラワーズ』
『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』
『アンジェラ』NEW!
『小さき勇者たち ガメラ』

今回もやはり政治的メッセージ性の強い作品が上位にきました。デヴィット・ストラザーンが渋すぎる『グッドナイト&グッドラック』。憂いを秘めた目にやられました。最近ちょうど911に関するニュース報道について考えてたこともあり、ど真ん中にきたって感じです。

蛭子能収のキャスティングとポジションが今ひとつ不明な『寝ずの番』は、下ねた満載も下品になることがなく芸達者なキャストに支えられた作品。最近お固い役の多かった中井貴一も何だか楽しそう。

意外?とネット上では評価が高い『アンジェラ』ですが、あたしはダメでした。そんなに簡単にダメ男の妄想が、努力もしないで叶っていいんすか?女性は男の都合のいい道具なんすか?ちょっと気分が悪くなりました。例えそれが自分の分身であったとしても、あまりにも甘過ぎるでしょ。自己愛が強いのは構いませんが、他人のお金を巻き上げたり危害を加えたりはしないで下さい。同じアンジェラでも観るならこちらのアンジェラをお薦めします。

アンジェラの灰

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.05.14

5月映画ランキング(5/14更新)

『Vフォー・ヴェンデッタ』
『ククーシュカ ラップランドの妖精』
『タイフーン/TYPHOON』
『ブロークン・フラワーズ』
『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』
『小さき勇者たち ガメラ』

5月最初のランキングです。今月はテロ・戦争関係作品が上位を占めています。特に『Vフォー〜』と『タイフーン』は国家による犯罪・復讐・テロ・姉弟・主人公に感情移入していく敵方キャラetcと共通項が多いです。政治的メッセージ性の強い『V〜』とアクション重視の『タイフーン』って感じでしょうか。

その二作品の間に割って入ってきたのが『ククーシュカ』。妖精とは言っても別にファンタジックなお話ではなく(まあ、ラストはそうだと言えば言えなくもありませんが)、極めてリアルな進行です。やはり主演のクリスティーナ・ユーソの魅力勝ちでしょうか。

ナルニアもガメラもかなり大味な作りで、特にガメラは、子ども向けってことを差し引いてもかなり手抜きな感じでした。子ども達が主人公だそうだが、敵怪獣キャラに魅力が無いのはマズいでしょう。最後の方で破壊されたコンクリート片が風で揺れてるのには苦笑してしまいましたし。まあ、あいざわ食堂の客の渋い人選が唯一の救いでしょうか。
それに比べれば『ナルニア〜』はまだ見世場満載で楽しめました。三部作なので次回以降に期待です。

『ライフ・アクアティック』でも似たような状況下に置かれたビル・マーレー。『ブロークン〜』ではもっと冴えない男っぷり。覇気が無くて流されて生きてるだけの人間にしか見えない役で、存在の仕方は面白いですが、あまり魅力的に見えなかったんですが・・・。まだ自分の人生経験が足りないってことでしょうかね。

『ククーシュカ ラップランドの妖精』オフィシャルサイト
今週からラセットで続映するようですね。

Vフォー・ヴェンデッタグラッフィックノベル

Vフォー・ヴェンデッタVフォー・ヴェンデッタ文庫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.06

4月映画最終ランキング

『メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬』
『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』
『トム・ヤム・クン』
『ルート225』
『ナイトウォッチ』
『サウンド・オブ・サンダー』
『マンダレイ』
『立喰士列伝』
『機動戦士Zガンダム3 星の鼓動は愛』
『クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ踊れ!アミーゴ!』
『変態村』
『好きだ』
『カフカの「城」』
『アンダーワールド:エボリューション』
『ドゥーム』
『アイス・エイジ2』
『プロデューサーズ』

4月は『メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬』がトップにきたものの全体的にズバ抜けた作品はなく、中盤から以降はどれも似たり寄ったりの感じで大差無しってとこか。
最下位の『プロデューサーズ』はかなり期待してたんだが、幸か不幸か68年のオリジナルのメル・ブルックス版を観ているので、そちらの面白さにはとても及ばないって感じで落胆が大きかったのも影響してます。

『好きだ』も、ああゆう突発的な出来事で話をまとめるって手法はあまり好きではないので・・・。

『マンダレイ』と『立喰師列伝』はこれはもう監督が自分の主張を思うがままに展開してる映画なので、何も言うことはありません。こうゆう映画を撮れるお二人がただ羨ましいばかりです。

『ナイトウォッチ』は去年の東京ファンタに続き二度目なんですが、早く続きが観たいです。

個人的に注目してる、ブルーリボン賞新人賞も受賞した多部未華子主演の『ルート225』がなかなかいい感じでした。パラレルワールドものなんですが彼女と、弟役の子のキャラが秀逸でした。ダイオキシン8倍!

ますますパワーアップしていくトニー・ジャー!!の『トム・ヤム・クン』。こちらも今後が楽しみっす。負けるな香港映画!

『ウォレスとグルミット』は相変わらず面白いです。でもこれからはもっとCGの比重が大きくなっていくのでしょうか?

『メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬』はトミー・リー・ジョーンズもよかったけど、バリー・ベッパーもいいですね。『25時』でも印象的な役を演じてましたが、あの強面の顔と演技のギャップが素晴らしいです。どこか『ガルシアの首』を思わせる展開(影響を受けてるって監督自身が言ってますね。それから「気狂いピエロ」もだって!)にメキシコの荒涼とした大地。ロケーションも素晴らしいです。

ソニー・ピクチャーズエンタテインメ ウォレスとグルミット〈ウォレスとグルミット、危機一髪!〉
ソニー・ピクチャーズエンタテインメ ウォレスとグルミット〈ペンギンに気をつけろ!〉

角川エンタテインメント 25時 スペシャル・エディション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.05

3月映画最終ランキング

『ジャーヘッド』
『SPL狼よ静に死ね』
『ヒストリーオブバイオレンス』
『うつせみ』
『かもめ食堂』
『ブラックキス』
『カミュなんて知らない』
『間宮兄弟』(試写)
『ウェスクレィヴンズカースド』(試写)
『SPIRIT』
『超劇場版ケロロ軍曹』
『美しき野獣』
『イーオン・フラックス』
『HAZE』
『アブノーマル・ビューティ』

トップの『ジャーヘッド』は変わらなかったが、最下位がこともあろうか塚本監督の『HAZE』になってしまった。新作に期待しよう。
上位にきたのが香港映画『SPL狼よ静に死ね』。トニー・チャーに対する熱い意地が感じられる渾身の一作。ウィルソン・イップ監督なんて知ってる人は少ないと思うが『OVER SUMMER』もお薦めです。『ヒストリーオブバイオレンス』は、最初観た時は何だかありきたりの展開で、クローネンバーグにしては捻りが足りないなぁ、などと思ったんですが、その後色々見聞きするうちにそんな底の浅いものではないような気がしてきてます。

キム・ギドク監督の『うつせみ』も静謐な感じでよかったです。でもこの監督、どんどん悟りの境地にいっちゃいますね。この先どうなっちゃうんでしょうね。

残念だったのが『ケロロ軍曹』。ノリはテレビ版のノリでよかったのだが、劇場用の敵キャラが今ひとつ魅力に欠けた。いかにも取って付けたようなキャラ設定とどっから見てもポケモンにしか見えない造形が大きくマイナスでありました。

『間宮兄弟』はそろそろ公開ですが、『かもめ食堂』に似たテイストで攻めてくるのでそこそこヒットするんじゃないでしょうかね。森田監督は続編を(海外で)撮りたいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年8月 »