« 『狐怪談』9/5(日)新宿武蔵野館 | トップページ | 『マイ・ボディガード』9/10(金)ヤマハホール(試写会) »

2004.09.12

『CODE46』9/7(火)イイノホール(試写会)

code46-pic.jpg
ウィンターボトム初のSF。SFとゆうよりはSF的設定を持ち込むことによって、作品のテーマをより浮かび上がらせようとした作品。そのテーマは「究極の愛」らしい。

近未来。遺伝子操作の進んだ管理社会で犯してはならない規則=CODEがあった。そのひとつCODE46。同じ核遺伝子を持つ者同士の生殖の禁止。犯したものは該当の記憶を消され都市から追放される。

物語りはいたってシンプル。しかしそれがメリハリの弱さにもつながりちょっと退屈。SF的設定がテーマを浮かび上がらせると同時に、ソフティケイトしてしまい「究極の愛」の姿が今一つ身に詰まされるテーマとして見えてこない。遺伝子操作や記憶の改変、共鳴ウィルスetcのせっかくの道具立ても物語に馴染んで無いとゆうか、いかにもその為に準備されたって感じで変。SFとは言いながら、流行りのCGや特撮は使わずに既存の風景からSF的雰囲気を造り出す手腕は認めるが、全体としてはその雰囲気に流される部分が多く、テーマの核心にいまひとつ迫れなかったのではないか。紗幕がかかったような画面の印象がそのまま作品の印象にもなってる。
それにしても結局は「究極の愛」は愛として成就されるべきものなのかどうなのよ、監督?やはりリアリストのウインターボトムにSFは似合わないとゆうことか。

|

« 『狐怪談』9/5(日)新宿武蔵野館 | トップページ | 『マイ・ボディガード』9/10(金)ヤマハホール(試写会) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/1417158

この記事へのトラックバック一覧です: 『CODE46』9/7(火)イイノホール(試写会):

« 『狐怪談』9/5(日)新宿武蔵野館 | トップページ | 『マイ・ボディガード』9/10(金)ヤマハホール(試写会) »