« 『誰も知らない』7/5.シネカノン有楽町(試写会) | トップページ | 『舌〜デッドリー・サイレンス』7/8.シネマアートン下北沢 »

2004.07.12

『マレヒト』7/8.シネマアートン下北沢

marehito-mirai21.jpg
佐藤智也とゆう監督の1995年の30分作品。最新作『舌〜デッドリー・サイレンス』との併映です。その作品のチラシに書かれている紹介文章に惹かれて観にいきました。

国境線を見張る一人の兵士。敵国の指導者マレヒトの演説を受信し録音している。宿舎には政府支給の慰安用女性型アンドロイド=イリア6型がいる。ある日、軍の役人が来てイリア6型のバージョンアップ(言語能力の向上)を施していく。そこから微妙に兵士の生活が変化していき・・・。と、この”言語能力の向上”とゆうのがこの作品の肝だと思うのですが、それは併映の『舌〜デッドリー・サイレンス』を観てから強く感じたことで、この作品だけではそこまで考えが及んだかどうかは分かりません。だから正直、観終わった直後は「?」「で、何?何を言いたかったの?」とゆう思いでした。あれ、これって自分がチラシに扇動されたってことかい?
砂漠やコスチュームは好きですし30分とゆう短さは適切ですが、作品としてはよく分かりませんでした。マレヒトの声を故天本英世さんが演じているので、彼の声を聞けたことはうれしかったです。

|

« 『誰も知らない』7/5.シネカノン有楽町(試写会) | トップページ | 『舌〜デッドリー・サイレンス』7/8.シネマアートン下北沢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/949591

この記事へのトラックバック一覧です: 『マレヒト』7/8.シネマアートン下北沢:

« 『誰も知らない』7/5.シネカノン有楽町(試写会) | トップページ | 『舌〜デッドリー・サイレンス』7/8.シネマアートン下北沢 »