« ビッグ・フィッシュ6/23.TOHOシネマズ川崎 | トップページ | 『みなさん、さようなら』6/27.シネスイッチ銀座 »

2004.07.01

『丹下左膳・百万両の壺』6/24.明治安田生命ホール(試写会)

ビッグフィッシュとは「釣り」繋がり。

「姓は丹下、名は左膳。人呼んで丹下左膳」の名文句は知ってても、詳しい話はよく知らぬ時代劇。でもここ最近の時代劇ブームのせいか、斬ったはったのチャンバラものであろうと思いつつ予告編の、相変わらず舌の回らない豊川悦司の危うげな立ち回りにいささかの危惧を抱いたのでありました。

でリメイク版『丹下左膳・百万両の壺』なわけです。
うーん、チャンバラはあるんだけどやっぱり人情劇なんですね、あくまでも。しかもその部分は割りとぬるめな感じで、各キャラクターはそれなりに味を出してるんだけど、話そのものがいささかNHKのバラエティー時代劇(コメディお江戸でござる等)的趣があり、かなりまったりした感じ。それはそれで極悪人は出てこないし血もほとんど流れないとゆう、家族そろって安心して観ることのできる娯楽作品ではあるのですが。
でも一応時代劇のヒーローですよね、丹下左膳って。原作やオリジナルもこんな明るいキャラでおおらかな話だったんですかね?明るいのが悪いわけじゃないですが、最近のアメコミ等のダークなヒーロー像に馴れてくると影の部分が欲しくなるんですなあ、ヒーロにも。ってかヒーロでもないよこれは。腕のたつただのいい人。チャンバラシーンも少ないし。もっと強い丹下左膳を見せて欲しかった。
オープニングは両手で戦ってるんだから、片目片腕の本格的な斬りあいがラストだけとゆうのはいささか寂しい。
『たそがれ清兵衛』『壬生義士伝』のような感動系とは違うし、『座頭市』のような過激さもない。゛完全リメイク゛ということなら仕方ないが、もっと今の時代にリメイクする意味を感じさせるものが欲しかった。と昨日(6/30)試写会で観た『家族のかたち』と比べながら思うのでありました。

テレビで中村スパイダーマン獅堂の丹下左膳をやってたけど、まだトヨエツ左膳の方がいいかな。


|

« ビッグ・フィッシュ6/23.TOHOシネマズ川崎 | トップページ | 『みなさん、さようなら』6/27.シネスイッチ銀座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/879709

この記事へのトラックバック一覧です: 『丹下左膳・百万両の壺』6/24.明治安田生命ホール(試写会):

» 映画: 丹下左膳 百万両の壺 [Pocket Warmer]
邦題:丹下左膳 百万両の壺 監督:津田豊滋 出演:豊川悦司、和久井映見、野村宏伸 [続きを読む]

受信: 2004.07.20 08:15 午後

» 試写会「丹下左膳~百万両の壺~」見てきました♪ [うりたんの懸賞日記]
こんばんは! この前当選した『丹下左膳〓百万両の壺〓』の試写会に行ってきました!... [続きを読む]

受信: 2005.04.30 12:15 午前

« ビッグ・フィッシュ6/23.TOHOシネマズ川崎 | トップページ | 『みなさん、さようなら』6/27.シネスイッチ銀座 »