« 『ウォルター少年と、夏の休日』6/21.東京国際フォーラムホールC(試写会) | トップページ | 『丹下左膳・百万両の壺』6/24.明治安田生命ホール(試写会) »

2004.06.29

ビッグ・フィッシュ6/23.TOHOシネマズ川崎

big-fish.jpg
ウォルター少年とは、「キリン」繋がり。

現在・過去と現在の混合・現在、とゆう時間軸構成が『ウォルター少年と、夏の休日』にとてもよく似てます。さらに、語るのが父親かおじいちゃんかの違いはあるものの、その内容が荒唐無稽で、どこまでが本当なのか、とゆう点もそっくり。そしてラストのお葬式まで。

で『ビッグ・フィッシュ』です。似たような構成の作品ながら、感動値ははるかにこちらが上ですな。主人公が『ウォルター君~』があくまで少年時代の自分であり、対象がおじいちゃんなのに対して、『ビック~』は現在進行形の大人の自分が主人公だし、対象が父親とゆう関係性の違いが大きいのかもしれません。が、それでも現実と幻想性を巧みにブレンドするティム・バートン特有のマジックリアリズムが十分に生かされているからこそ、映画に奥行きができ観る側により深い印象を残すのではないでしょうか。現実と虚構のあわいを巧みに操り、サーカスや不思議な町の人々・数々のエピソードをひとつひとつ丁寧に描いていくことによって、それらが違和感なく存在し、父と息子のリアルな物語りであると同時にファンタジーでもあるとゆう独特の味わいを出しているのでしょう。

ってゆうか、変な理屈なんか並べなくても、面白いんです。単純に。それだけでもすごいことです。楽しいしドキドキするし、びっくりするし、不思議だし。バートンの最高傑かどうかは別として、ここ最近の中では(エド・ウッドは観てませんが)ベストの作品ではないでしょうか。

|

« 『ウォルター少年と、夏の休日』6/21.東京国際フォーラムホールC(試写会) | トップページ | 『丹下左膳・百万両の壺』6/24.明治安田生命ホール(試写会) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/863374

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグ・フィッシュ6/23.TOHOシネマズ川崎:

« 『ウォルター少年と、夏の休日』6/21.東京国際フォーラムホールC(試写会) | トップページ | 『丹下左膳・百万両の壺』6/24.明治安田生命ホール(試写会) »