« 5/2『純愛中毒』 | トップページ | 『映画 クレヨンしんちゃん/嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ』(5/4TOHOシネマズ川崎) »

2004.05.04

『稲妻ルーシー』(5/3ユーロスペース)

映画番長/ワラ(^0^)番長スリーズの二本目として『稲妻ルーシー』を観てきました。この作品、知り合いが出ているのでちょっと(かなりかな?)贔屓目に観ようとしてたんですが、う〜ん、贔屓目に観てもあまり笑えなかった・・・。オープニングロールの歌とアニメがなかなかよかったので期待して観てたんですがねぇ。やはり笑わそうとして笑わせるのは難しいんですね。笑わそうという意図は分かるんだが、すべて上滑りで切れがなく笑えない。主人公のルーシーは「爆弾娘」とゆうことになってるんだけど、地味でハジけてないんだよね。台詞のしゃべり方も変だし。わざとああゆうしゃべり方なんだろうけど、やっぱり変。彼女に魅力がないから全体が沈んだ感じで、コメディなのか何なのか分からない状態。イタズラしてるんだけど可愛げも反発も感じないし。結局だれとも絡んでないんだよね、一人浮いてる。佐藤仁美って多分『バウンス ko GALS』『リング』シリーズと観てるはずだけど、こんな子だっけ?演出の問題だよねやっぱり。水橋研二くんもどーゆーキャラなのかさっぱり分からず笑えない。他のキャラも含め部分的には可笑しいとこもあるんだけどねぇ。ルーシーよりウノハナコを主人公にした方がよかったんじゃないのかね。車椅子に眼帯、ってこれ『月光の囁き』のパロディ?水橋くんに監修塩田明彦だし。ああ、あと、知る人は知っている『YYK論争〜永遠の誤解』ウノハナコ役の今関朱子に老人役の沖島勲監督。私の知り合いもこれ繋がりです。さて、最後の一本『独立少女紅蓮隊』に期待かな。

|

« 5/2『純愛中毒』 | トップページ | 『映画 クレヨンしんちゃん/嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ』(5/4TOHOシネマズ川崎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/535228

この記事へのトラックバック一覧です: 『稲妻ルーシー』(5/3ユーロスペース):

« 5/2『純愛中毒』 | トップページ | 『映画 クレヨンしんちゃん/嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ』(5/4TOHOシネマズ川崎) »