« 『4人の食卓』5/13.ヤクルトホール | トップページ | 『みんなのうた』5/15.下高井戸シネマ »

2004.05.15

『キューティーハニー』5/14.ワーナー試写室

試写会続きで、庵野製”ハニメーション”『キューティーハニー』を観てきました。予告編を見た時は期待より不安が大きかったのですが、さて本編の方は・・・。

これがなかなか複雑な心境です。冒頭、いきなり露出度の高いシーンで始まりサトエリの第一声を聞いた時はかなりヤバい感じがしたのですが、自然体の彼女そのものがキューティー・ハニーだからと、演技指導を一切しなかったとゆう演技以前の彼女の存在感は観ているうちにそれなりに馴染んでくるのは確かでした。まんがを基調としたセリフまわしや展開もハニメーションと相まって思ったより違和感なく観れたのも確かです。特に冒頭の片桐はいり演じる怪人との対決シーンはバカバカしい程の可笑しさでした。ただそのテンションの高さゆえなのか、アクションシーン以外の場面ではいささか失速感とゆうかじれったさを感じてしまったのも確かです。それは事前の宣伝などから、もっとハニメーションシーンが多く過激でコミカル(全編そおゆう作り)なのかと思っていたことに起因するのかも知れませんが。それからちょっと佐藤江梨子とゆうかハニーが幼すぎる印象を受けたのも残念なところです。無邪気なのはいいんですが、幼く見えるのはどうかなと。あと、市川実日子は役者としては好きな女優なんですが、今回の役に関してはちょっと違うかなぁとゆう気がしました。ひとりだけクソ真面目に演技しているようで、作品全体のトーンとちょと違うような気がしました。

まあ、個性的な役者を集め「観終わったあと自然と笑みがこぼれるような」作品を作りたかったとゆう庵野監督の意図は十分に伝わってきたと思います。エヴァの二倍の予算とゆうことで二倍の収益を上げなければいけないそうですが、さてどうでしょうか。

|

« 『4人の食卓』5/13.ヤクルトホール | トップページ | 『みんなのうた』5/15.下高井戸シネマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/600435

この記事へのトラックバック一覧です: 『キューティーハニー』5/14.ワーナー試写室:

« 『4人の食卓』5/13.ヤクルトホール | トップページ | 『みんなのうた』5/15.下高井戸シネマ »