« 『ドーン・オブ・ザ・デッド』5/25.TOHOシネマズ川崎 | トップページ | 『Re:プレイ』5/26.K's cinema »

2004.05.26

『クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち』5/25.TOHOシネマズ川崎(試写会)

「1」と同じようなクローズアップ映像のオープニングで始まり、話の構成も前作とほぼ同じ作り。別々の事件を追う二人の刑事がやがて一つの謎に行き着き、それを解決していく。前作は原作本があったが、今回共通するのはジャン・レノ演じるニーマンス警視だけで、前作とは話上の関連は全くない別の話。なのになんで「クリムゾンリバー」なの?前作はタイトルにちゃんとして意味があったけど、今回は何の繋がりもない。明らかに前作のヒットにあやかろうとゆう姑息な手段だ。
スピード感のある展開、迫力のアクションシーンなど見どころもあるのだが、それをぶち壊しているのがリュック・ベッソンの脚本でしょう!キリスト教絡みの謎が数々出てくるのですが、どれも大仰な割には全然解明されないとゆうか意味不明とゆうか、ただこけ脅し的なものでしかない。今どきあんな大時代的で底が浅く、何の工夫もない話もないでしょう。トホホですよホント。観てる間はこれから先どうなるんだ?奴らの目的は?とゆう興味とハードなアクションで観てられるんだけど、何とも大味な結末に観終わっても何も残らない。当初は「クリムゾン・リバー」の原作者に脚本の依頼をしていたらしいが、ベッソンが自分で書いちゃったらしいね。任せりゃよかったのにって感じですね。大丈夫ですかねベッソン&ユーロ・コープ。こんな作品ばかり作ってて。ジャン・レノもそろそろ作品選ばなきゃ。

|

« 『ドーン・オブ・ザ・デッド』5/25.TOHOシネマズ川崎 | トップページ | 『Re:プレイ』5/26.K's cinema »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15973/656669

この記事へのトラックバック一覧です: 『クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち』5/25.TOHOシネマズ川崎(試写会):

» 『クリムゾン・リバー2』@TOHOシネマズ川崎 [ゆるりとブログ!]
5/30(日)に『クリムゾン・リバー2』を観て来ました。1も映画館で見て、面白かったのですが、2の感想はというと似たり寄ったりといった感じでした。 ジャン・レ... [続きを読む]

受信: 2004.06.01 04:19 午後

« 『ドーン・オブ・ザ・デッド』5/25.TOHOシネマズ川崎 | トップページ | 『Re:プレイ』5/26.K's cinema »