劇場関連

2014.03.25

フェリーニが川崎チネチッタオープン時のポスターのイラストを描いた?

今(2014.3.21〜4.06)、川崎のチネチッタで「チッタグループ歴史ギャラリー」というのをやってるんだけど、その展示物の中に昭和62年(1987)のチネチッタオープンの時のポスターがあって、説明文に「イラストはイタリア映画の巨匠フェデリコ・フェリーニ監督によるもの」ってあるんだけど、それって何気に凄いよね。

でもこれって、フェリーニがチネチッタの為に描いてくれたってことでいいんだよね?フェリーニが何かで描いたイラストをポスターに使わせてもらったってことじゃないよね。

Cinecitta_s62_openp01

 

Cinecitta_s62_openp02
他にも色々と写真や資料が展示されるるので、チネチッタに行った折には是非ご覧になってきて下さい。

The_history_of_cittaf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.18

お蔵出し写真<テアトル東京1981年『天国の門』>

1981年「テアトル東京」閉館『天国の門』(マイケル・チミノ)。当時はせいぜい月に数本くらいしか映画を観てなかった自分ですが、映画大好きの友人に強力に誘われ最終上映の『天国の門』を観に行きました(その代わりにタルコフスキーの『ストーカー』を一緒に行ってやると言われた記憶が)。

看板の下に立っているのがその友人ですが、今はどうしてるのか全く分かりません。

Theatre_tokyo_1981_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.06

お蔵出し写真〜<横浜日劇>

閉館後の横浜日劇(2005年2月閉館、2007年4月に解体された横浜黄金町の映画館)の写真。この写真は多分2006年の暮れ頃、ジャック&ベティに映画を観に行った時に撮ったものだと思われます。夜間で手持ちノーフラッシュだったのでかなり手ぶれしてるのが残念。

Yokohama_nichigeki200601

自分が分かるポスターは『いつか読書する日』くらい。まあ日劇はこの状態でかなり放置されてたので、同じ写真は沢山撮られていることでしょう。


Yokohama_nichigeki200602

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.23

再び旧文芸坐の写真。

旧文芸坐の写真。いつ頃だろう?「ビデオをぶっ飛ばせ!500円均一フェア第5弾」。1989年頃?
先日アップした閉館後の写真と比べると歳月の経過が看板の汚れとかに現れている気がする。あと消火栓ポールの広告が変わってる。

Bungeiza_89_04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.20

旧文芸坐の写真が出てきて記憶を掘り起こす。

旧文芸坐の写真が出てきたので記憶を掘り起こしてみた。

プリントした写真は時折アルバムをめくったりして見ることがあるが、ポジで撮った写真はほとんどプリントしてないので滅多に見ることがない。久々に必要にかられて眺めていたら旧文芸坐の写真が出てきた。多分閉館した後の写真だと思うから、服装からして1997年の暮れ頃だろうか。

上京してきて一年間は東久留米の寮に住み池袋の予備校に通っていたので、文芸坐には時々行っていた。大学に入ってからは池袋は遠くなったので滅多には行かなくなった。それでも文芸坐が強く心に残っているのは大学時代の友人が働いていたからだ。

彼は一旦は一般企業に就職したものの映画のことが忘れられず、たまたま文芸坐の求人広告を見てしまったばかりに、その会社を退職して文芸坐に入社したのだった。しねぶてぃっくの店長もやっていた。たまに遊びにいって招待券をもらったこともあった。他の映画館の招待券なんかももらった。俺は卒業後は就職せず芝居をやっていたこともあり、ル・ピリエで公演もやらせてもらった。

ほんとに彼は映画が好きだった。当時ほとんど邦画を観ることがなかった俺が邦画を観るようになったのも彼の影響だ。どんなにつまらない映画も「映画」である限り「好き」なのだった。そして仲間を集めて『ジャッピー!』を創刊したのだ。で、俺も暫く原稿を書かせてもらったりしてた。

しかし文芸坐が閉館することが決まった。彼の失意はどんなだったろうか。確か閉館する前に退職したはずだ。閉館の日、俺も池袋にいたと思う。友達と飲んでたような気がする。あえて最終上映には行かなかった。

この写真は多分池袋で忘年会をやった帰りに撮ったものだろう。(写真は多少脚色してあります)

Bungeiza_old_02

しねぶてぃっくのアップ。

Bungeiza_old_01_2

ル・ピリエの写真。芝居した時の写真だと思うから1989年9月か。(写真は多少脚色してあります)

Bungeiza_lepilier_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.06

3/19オープン「横浜ブルク13」プレイベント情報(3/6更新)。哀川翔がくる!

3/12(金):『誰かが私にキスをした』試写会


3/13(土):『Gフォース 3D』試写会


3/13(土):「蔵出し増量!ハマの蛙男祭り」 in 横浜ブルク

http://kaeruotoko.blog82.fc2.com/blog-entry-323.html


3/14(日):ミュージカル・テニスの王子様 ライブビューイング

http://www.tennimu.com/09winter/09liveview.php#pv-kanagawa


3/15(月):哀川翔が“劇場1日支配人”。サービスを紹介するスペシャル予告をファンとともに撮影。エキストラを大募集!
https://f.msgs.jp/webapp/form/10670_kup_209/index.do


3/17(水):『NINE』試写会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「横浜ブルク13」公開予定作品リスト(3/6更新)

<3/19オープニング作品>

◇『人の砂漠』 http://www.fnm.geidai.ac.jp/hitonosabaku/main/

『NINE』 http://nine-9.jp/

◇『時をかける少女』 http://tokikake.jp/indexp.html

◇『ダレン・シャン』 http://darren-shan.com/

◇『花のあと』 http://hananoato.com/

◇『シャーロック・ホームズ』 http://wwws.warnerbros.co.jp/sherlock/

◇『プリンセスと魔法のキス』 http://www.disney.co.jp/movies/pkiss/index.html


<3/20公開作品>

◇『プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!』(3/20〜) http://www.precure-allstars.com/

◇『アイガー北壁』(3/20〜) http://www.hokuheki.com/


<それ以降の3月公開予定作品>

◇『シェルター』(3/27〜) http://www.shelter-movie.jp/index.html

◇『誰かが私にキスをした』(3/27〜) http://darekiss.com/


<4月公開予定作品>

◇『誘拐ラプソディー』(4/3〜) http://www.yuukai.jp/

◇『シャッターアイランド』(4/9〜) http://www.s-island.jp/

◇『第9地区』(4/10〜) http://d-9.gaga.ne.jp/

◇『ダーリンは外国人』(4/10〜) http://www.darling-movie.com/index.html

◇『海の金魚』(4/10〜) http://umikin.com/index.html

◇『ウルフマン』(4/23〜) http://www.wolfman-movie.jp/

◇『劇場版 銀魂 新約紅桜篇』(4/24〜) http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama/

<5月公開予定作品>

◇『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』 http://www.zeb2.jp/index.html

-----------------------------------------------------

「横浜ブルク13」の公式サイトは http://burg13.com/index.html 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.26

3/19オープン「横浜ブルク13」プレイベント

3/19(土)にグランドオープンする「横浜ブルク13」ですが、オープン前に各種イベントが用意されています。現時点(2/26)で判明している分を紹介します。

3/12(金):『誰かが私にキスをした』試写会


3/13(土):『Gフォース 3D』試写会


3/13(土):「蔵出し増量!ハマの蛙男祭り」 in 横浜ブルク

http://kaeruotoko.blog82.fc2.com/blog-entry-323.html


3/14(日):ミュージカル・テニスの王子様 ライブビューイング

http://www.tennimu.com/09winter/09liveview.php#pv-kanagawa


蛙男祭りが面白そうなイベントなんですが、料金が2500円と少々お高く感じるので迷い中です。でもこの料金でどのスクリーンも出入り自由でグッズのプレゼントもあるそうなので、劇場をゆっくり下見するには最適かと。

「横浜ブルク13」の公式サイトは http://burg13.com/index.html です。

3/19〜5月末まではオープニングキャンペーン【シネソワレ】として、夕方18時以降の鑑賞料金が一般1,300円(3D作品他特別興行を除く)になるそうです。現時点で分かっている上映作品は以下の通りです。


<3/19オープニング作品>

◇『人の砂漠』 http://www.fnm.geidai.ac.jp/hitonosabaku/main/

『NINE』 http://nine-9.jp/

◇『時をかける少女』 http://tokikake.jp/indexp.html


<3/20公開作品>

◇『プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!』(3/20〜) http://www.precure-allstars.com/

◇『アイガー北壁』(3/20〜) http://www.hokuheki.com/


<それ以降の上映予定作品>

◇『シェルター』(3/27〜) http://www.shelter-movie.jp/index.html

◇『第9地区』(4/10〜) http://d-9.gaga.ne.jp/

◇『ウルフマン』(4/23〜) http://www.wolfman-movie.jp/

◇『劇場版 銀魂 新約紅桜篇』(4/24〜) http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama/

以下順次分かり次第追加予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.14

3/19(金)オープン「横浜ブルク13」の上映作品は?

いよいよ約1ヶ月後に迫ってきた桜木町駅前のコレットマーレ及びその中のシネコン「横浜ブルク13」のオープン。コレットマーレ内の店舗はすでに発表されていますが、横浜ブルク13のオープニング作品はまだ正式には発表されていません。そこで各種公式サイトの劇場情報やチラシに書かれた上映館名を頼りに、オープニング及びその後に上映される作品を探してみました。これは2010年2月14日(日)現在の情報です。

まだ正式にオープンしてませんが「横浜ブルク13」の公式サイトは http://burg13.com/index.html です。

<3/19オープニング作品>

◇『人の砂漠』 http://www.fnm.geidai.ac.jp/hitonosabaku/main/

『NINE』 http://nine-9.jp/

◇『時をかける少女』 http://tokikake.jp/indexp.html


<3/20公開作品>

◇『プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!』(3/20〜) http://www.precure-allstars.com/

◇『アイガー北壁』(3/20〜) http://www.hokuheki.com/


<それ以降の上映予定作品>

◇『シェルター』(3/27〜) http://www.shelter-movie.jp/index.html

◇『第9地区』(4/10〜) http://d-9.gaga.ne.jp/

◇『ウルフマン』(4/23〜) http://www.wolfman-movie.jp/

◇『劇場版 銀魂 新約紅桜篇』(4/24〜) http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama/

以下順次分かり次第追加予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.12

ヒューマントラストシネマ文化村通りの閉館に関して。

既報の通り10/31(土)をもって「ヒューマントラストシネマ文化村通り」(旧シネ・アミューズ イースト&ウエスト)が14年間の幕を閉じます。

もう一館の「ヒューマントラストシネマ渋谷」(旧アミューズCQN)は命名権が更新されそのまま営業を続けるそうです。
また同時にネーミングライツの拡大で、有楽町駅前の「シネカノン有楽町2丁目」が「ヒューマントラストシネマ有楽町」となるそうです。

では「シネカノン有楽町1丁目」はどうなるのでしょう?そちらは館名の変更はアナウンスされてないのでそのままの名前でいくのでしょう。まあネーミングライツでの変更なのでお金が関わってきますから、ヒューマントラストホールディングスもそこまではしないということでしょう。

また、シネカノンは先月に東京テアトルとの興行部門においての業務提供を発表してますね。動きが目まぐるしいですね。

「シネカノン」というのが会社名で保有している映画館がヒューマントラストシネマ渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネカノン有楽町1丁目、とういことになるのでしょうか。で、実際の運営は東京テアトルが行う?いやシネカノン有楽町1丁目は違うのか?う〜ん、よく分からん。



◇ヒューマントラストシネマ文化村通り<さよなら興行>(ヒューマントラスト)
http://www.ht-cinema.com/movies/title/sayonara-movie_bunkamura.html


◇2009年10月31日付でヒューマントラストシネマ文化村通りを閉館(シネカノン公式サイト.PDF)
http://www.cqn.co.jp/release/CQN_Release091009_2.pdf


◇「ヒューマントラストシネマ文化村通り」閉館-アジア映画中心に14年(シブヤ経済新聞:2009.10.09)
http://www.shibukei.com/headline/6428/


◇ヒューマントラストホールディングス社とシネカノン社、提携強化 映画館命名権(ネーミングライツ)を有楽町エリアの劇場にも拡大(シネカノン公式サイト.PDF)
http://www.cqn.co.jp/release/CQN_Release091009_1.pdf


◇シネカノンが東京テアトルと興行部門において業務提携(シネカノン公式サイト.PDF)
http://www.cqn.co.jp/release/CQN_Release090928.pdf

シネカノンといえば銀座シネ・ラ・セットや渋谷シネ・ラ・セットというのもありましたね。渋谷の方はあまり行きませんでしたが、銀座は色々お世話になりました。

もちろんシネ・アミューズにも大変お世話になりました。オープニング作品は観ませんでしたが最後に観たのは「山形スクリーム」です。スクリーンが低くて前に人が座ると困る劇場でしたが、井の頭線沿線に住んでた頃はよく通いました。長い間ありがとうございました。

Amuse_lastfly_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)