« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009.04.30

『ラッシュライフ』を読みましたが・・・。映画化は・・・。

伊坂幸太郎ラッシュライフ』を読みました。で、この映画化を考えるに、やはりそれは無理だと。普通に考えて無理でしょう。かなりの数の登場人物&エピソードを2時間ちょっとの中に詰め込むんだから、相当話を削って削って構成し直してって作業になるんだから、当然原作のもつ味わいも深みも再現はできませんよ。そんなことは作り手も分かっているでしょうし、そこをどう料理するかが腕の見せ所なわけですが、どうしても自分にはそんな作業に有為な意義を見いだせません。よっぽどシンプルで力強い物語にしないと、だったら原作読んだ方が100倍まし、ってことになっちゃいます。

特に『ラッシュライフ』は長編二作目でその後の伊坂幸太郎の小説のエッセンスがぎっしり詰まっているので、エピソードも含め、その取捨選択で原作を読んでいる人間の受け取り方は大きく変わってくる。映画版のキャストを見る限り主要人物は網羅されているようだが、彼らを上手く配置できているのかとても心配だ。ヘタをすると構成だけ凝ったとても薄っぺらな作品になり兼ねない。例えば『死神の精度』みたいな。おっと失言。

似たような感じの作品だと『運命じゃない人』が時間軸の使い方とか人間模様とかが近い気がするが、あそこまで鮮やかなのは無理だとしても、まあ頑張って欲しい。

それと、原作の舞台は思いっきり仙台なんですが、前にも書きましたが、予告編見る限り映画は思いっきり横浜なんですが、作品中は具体的な名称は出すのでしょうか?で、何で横浜ロケなのか?と思ってたら、この映画の企画製作等をした東京芸術大学映像研究科って横浜の馬車道や新港地区に校舎があるんですね。つまり地元ロケ。

でも「仙台駅前の展望タワー」が「ランドマークのスカイガーデン」とか「仙台駅のコインロッカー」が「日本大通り駅(だよね?)のコインロッカー」とかいうのはどうなのよ。原作を読んでない人には関係ないけどさ。少なくとも伊坂作品に特徴的な他作品とのリンクに敬意を表して、コインロッカーくらいは仙台駅のを使って欲しかった。タワーは、もう少し映画化が遅かったらマリンタワーで撮影できたのにね!

まあメジャーと比べたら予算の規模も何もかも違うだろうから、無理を言っちゃいけませんか。

あと、せっかく今横浜は「Y150開港博」でイベント花盛りなんだから、バルト9だけの公開じゃなくて、是非横浜でも上映して欲しいよね。

『ラッシュライフ』公式サイト(6/13公開予定)

*4月下旬から、非売品パンフレット付き前売り券が都内のヴィレッジヴァンガード7店限定で発売開始、とあります。1500円。何故にヴィレッジヴァンガード?何故に都内限定?チネチッタにもあるんだから、川崎店でも売ってくれー。

ヴィレッジヴァンガード

東京藝術大学大学員映像研究科

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古厩監督、また原作ものですか?!でも主演が璃子ちゃんときいちゃんなんて、何て素敵なの!エキストラも募集してるよ。

武士道シックスティーン』という小説の映画化だそうです。古厩智之監督です。原作は誉田哲也。しかし、何でまた原作ものでスポーツもの?『奈緒子』『ホームレス中学生』とはっきり言ってあまりぱっとしない作品が続いてますが、今回は大丈夫ですか?

主演が成海璃子北乃きいということで、かなり期待値は高いですが、監督にはいい加減原作ものから離れてオリジナル作品を撮って欲しいのですが。『まぶだち』のような作品をみんな待ってるんですよ!ねえ、そうでしょ?てか、早く『まぶだち』のDVD出して!!

えー、そもそもはエキストラ募集のニュースでした。期間は4月下旬〜5月下旬。主に埼玉みたいですね。ボイランティアスタッフも同時に募集してるようです。詳しくは下記からどうぞ。

『武士道シックスティーン』エキストラ募集

ボランティアスタッフも同時募集!

アマゾンでの評判はそこそこいいみたいですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.29

桜木町駅前のシネコンのオープンは来年(2010)?

着々と完成に向かっているJR桜木町駅前のビルですが、中に入る予定のシネコンのオープンは来年、2010年になるかもしれないそうです。

2009年シネコン、新規出店数が激減 (文化通信.com-編集部ブログ“BunLOG:2009.04.21)

駅前ビル自体のオープンは当初の予定通り(秋)だとすると、まずはシネコン抜きでのオープンってことですか。

2月には、当初「東宝」「松竹」「東映」の三社で運営予定だったのが東宝が撤退するとのニュースも流れてましたし、さてさてどーなることやら。

桜木町駅前シネコン計画、TOHOシネマズが離脱 (文化通信.com-編集部ブログ“BunLOG:2009.02.10)

東宝が横浜・桜木町のシネコン開発から撤退 ティ・ジョイ、松竹と足並みそろわず (バラエティ・ジャパン:2009.02.03.)

2009年4月16日の写真
Sakuragicyo20090416_2

2009年4月18日の写真
Sakuragicyo20090418

みなとみらい地区は昨今の経済不況の影響もあり、シネコンの出店予定が出ては消えてと忙しいですね。セガとかね。一番ほっとしてるのはワールドポーターズのワーナー・マイカル・シネマズ?

<参考記事>
桜木町駅前にシネコン〜2009年予定 (銀幕小匣:2007.05.10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.28

『BALLAD(バラッド)名もなき恋のうた』のチラシ

Ballad_namo_koifly

まあ、あれだけ騒がれてしまったので宣伝を自粛せざるをい得ないのでしょうね。でもまあ公開中止はないようですし、公開予定日も9/5(土)とまだだいぶ先のことですので、そのうち宣伝は再開されるでしょうし、まったく新しく作り直すこともしないでしょから、そうすればまたこのチラシも出回るのでしょう。

でもまあ、しばらくはお目にかかれないかもしれないのでアップしておきます。しかし、裏面違いのバージョンがあるらしい・・・。し、しまった。

公式サイトまで削除することはなかったようですね。

『BALLAD(バラッド)名もなき恋のうた』公式サイト

アニメは本当に傑作です!俺も泣きました!

 

<<2009.06.29(月)追記>>既にあちこちに同じチラシが置かれてますね。裏違いバージョンも入手しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.26

『サマーウォーズ』のチラシ

『時をかける少女』の細田守監督の『サマーウォーズ』のチラシです。
Summer_warsfly_2

公式サイトにはまだ劇場情報がありませんが、川崎・横浜方面では現時点(4/25)では109川崎とWMCみなとみらいでの上映が予定されています。(109川崎で予告編&WMCみなとみらいにチラシ)

『サマーウォーズ』公式サイト(2009.08.01公開予定)

*前売り特典は「プレイガイドブック」(5/1より発売予定)

『サマーウォーズ』公式ブログ

前売り特典のプレガイドブック、詳報が到着 (公式ブログ:2009.04.19)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の新しいチラシ

Evangelion20_hafly2 Evangelion20_hafly2ura

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の新しいチラシです。裏面が電柱じゃなくて木になってますね。「破」の方向性を示しているのですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『蟹工船』の前売り特典は“オトナのカニカマ缶”!!byスギヨ

この夏公開予定のSABU監督の『蟹工船』(松田龍平西島秀俊他)の前売り特典が面白いです。「オトナのカニカマ缶」。スギヨのカニカマの缶詰です。

実際に劇中で使う本物のカニの替わりに、スギヨがカニカマを大量に提供したニュースは以前に流れてましたが、そのカニカマを缶詰にしたもののようです。4/25から発売開始。

チネチッタでも上映予定なので買いにいかねば!スギヨは自分の地元企業なので応援しちゃいますよー。

  

前代未聞!「蟹工船」の前売り券を買うと「蟹カマ缶」が付いてくる! (シネマトゥデイ:2009.04.25)

「大人のカニカマ」が映画“蟹工船”に出演! (スギヨプレスリリース:2009.01.10)

『蟹工船』公式サイト

株式会社スギヨ

Kanikosenfly

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ファニーゲーム』DVD予約受付中

ミヒャエル・ハネケ監督の『ファニーゲームU.S.A』の発売と同時にオリジナルの『ファニーゲーム』も再販されるみたいですね。よかった。2作カップリングでお得なバージョンも出して欲しかったなあ。どちらも6/26発売予定。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.20

『バンコック・デンジャラス』トイレキャンペーン!男子限定?

川崎の某シネコンのトイレに入ったら“ニコラス・ケイジ”がずら〜りとこちらを見つめている。5/9(土)から公開の『バンコック・デンジャラス』の宣伝のようです。こんな感じ。
Bangkok_dangeroustoilet03_3
チラシを貼っただけかと思いきや・・・。中に一枚違った感じが。

Bangkok_dangeroustoilet01
微妙にテキストが違う。「完全無欠のトイレ利用者。一滴のミスさえ許されない。」ははは、笑った。零すなよお前ら!
ちなみに普通のチラシバージョンには、手書きで宣伝文句が書かれている。しかも一枚一枚その文句が違ってたりして、一応工夫してる。
Bangkok_dangeroustoilet02

これは男子トイレ限定のようです。ニコラス・ケイジファンの女性の方、ゴメンナサイ!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.04.18

いつの間にかDVDスルーの『デス・ルーム(原題:Trapped Ashes)』

かなり以前記事で

『Trapped Ashes(原題)』のこと。(銀幕小匣:2007.07.26)

というのを書いたのですが、それが間もなくDVDで発売されるようです。上の記事のリンク先の記事によると一応日本でも劇場公開の予定はあったようですが、結局DVDスルーになったようです。監督がジョー・ダンテケン・ラッセルショーン・S・カニンガムモンテ・ヘルマンジョン・ゲイタ

デス・ルーム([SAMPLE]ビデオながら見日記:2009.03.02)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.15

『パッテンライ!!』と一青姉妹

パッテンライ!!』という映画をご存知でしょうか?日本統治時代の台湾で大規模な灌漑事業を成し遂げた日本人の物語なんですけど。
自分も多分チラシを見ただけでは気にも留めなかったかもしれませんが、主人公の八田與一という人が石川県(金沢)の出身で、帰省した時に北国新聞でアニメ化の記事を読んでいたので、「あーこれか」と思い取り上げてみました。

新聞の記事で知ったんですが、声優として一青窈の実の姉、一青妙さんが参加しているのですね。そして主題歌は一青窈。ちなみに彼女たちの母親の出身地の「一青」地区は自分の実家の近くだったりします。
Pattenraifly

Pattenraifly02

石川県ではもう公開済みなのね。

八田技師の情熱描く アニメ映画「パッテンライ!!」完成 金沢で11月15日から公開 (北国新聞ホームページ:2008.10.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.14

『月刊ニコラス・ケイジ』!

その名も『月刊ニコラス・ケイジ』。109シネマズMM横浜で見つけました。ニコラス・ケイジファンの方にはうれしい創刊?次号は出るの? 『バンコック・デンジャラス』の初日が5/9だからもう一回は出るのかな。そういえば前にも月刊・・・だれだっけ?あったよね、同じようなの。最近物忘れ が激しい・・・・・・
Weekly_nikokei

『バンコック・デンジャラス』公式サイト(2009.05.09公開予定)

前売り特典は「ニコラスピンバッチ(二個)略してニコピン」(先着限定)

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2009.04.12

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の劇場予告編(特報?)を初めて見た。式波のこととか。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の特報を劇場で初めて見ました。

アスカの名前が変わっているとか話題になってますね。惣流から式波に。それはやはりみんな?の推察する通り旧日本海軍の駆逐艦「敷波」からではないのですか。ウォーターラインシリーズ等でプラモを作ってた人はそう考えるでしょ、普通に。

てか、今までちゃんと考えたことありませんでしたが、最初のエヴァンゲリオンの時から「海」「旧日本海軍」尽くしですよね。「綾波」「惣流(蒼龍)」「冬月」「赤木(赤城)」「葛城」「伊吹」「日向」「渚」「碇」「加持(舵)」「キール」etc.。
げ!ゲームはやらないから知らなかったけど、ゲーム版の登場人物もみんなそうなんじゃん!「ムサシ(武蔵)」「最上」「霧島」「松風」「阿賀野」「加賀」「剣崎」「大井」・・・。まあ、今更と言われそうですが。

今回のアスカの名前の変更は空母から駆逐艦になったわけですか。綾波が駆逐艦だからそちらに合わせたってことでしょうか。同型艦?

基本的に基地にいて指揮を執る人(女性)は空母なんですね。赤城・葛城。その他の命名の規則性は分かりませんが、庵野監督のこだわりがあるんでしょうね。今後発表されるであろう新キャラの名前にも注目ですね。

Evangelion20_hafly

ちなみに石川県の七尾線に「敷浪」という駅があります。自分の出身地の近くです。

グーグルマップで見る。

お!もしやと思い「綾波」をグーグルマップで探したら沈没地点がヒットした。

グーグルマップ「綾波」

<おまけ>

中学生頃?に買った「綾波」のプラモデルです。200円。

Wls_ayanami01

Wls_ayanami02_2

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009.04.11

ヴァンパイア(吸血鬼)映画あれこれ

トワイライト 初恋』を観てきました(感想はコチラ)。もうすぐ『ラスト・ブラッド』も公開ですね。それから杉本彩主演の『Blood ブラッド』も控えてますし。海の向こうでは韓国映画の『THIRST(サースト)』(原題)ってのもありますし。

しかし『ラスト・ブラッド』ってヴァンパイア?元になった『ブラッド・ザ・ラスト・ヴァンパイア』は確かに吸血鬼ものだったけど、こちらは「オニ」って設定になってるし、予告編見ても公式サイト見ても“血を吸う”って表現は出てこなのよね。よく分かりません。

何気に杉本彩の『Blood ブラッド』が気になるんですが。監督が『SHINOBI』の下山天、企画・原作・脚本が武知鎮典ということもあり、アクションシーンも気合いがはいってそうだし。

『Blood ブラッド』公式サイト (*15歳以上じゃないと入れませんよ〜)

『THIRST』は“復讐三部作”のパク・チャヌク監督作品。主演がソン・ガンホ。いやがおうにも期待が高まります。「THIRST」って「渇き」って意味だけど韓国では「こうもり」ってなってるね。

YouTube『Thirst』予告編(1分25秒バージョン)

YouTube『Thirst』予告編(1分48秒バージョン)

【動画】ソン・ガンホ主演『コウモリ』予告編(1分55秒バージョン:朝鮮日報エンタメコリア)

これ、最初のポスターが「不謹慎」だとか何とかクレーム付いて、差し替えになってしまったんですよね。

パク・チャヌク新作「コウモリ」のポスターが話題に (中央日報:2009.03.17)だったのが

韓国でヴァンパイア映画のポスター掲載禁止 パク・チャヌク監督“Thirst”牧師の性的描写が問題に(バラエティ・ジャパン:2009.03.24)

という結果に。で、朝鮮日報のサイトにあるポスターになったわけですね。

Last_bloodfly02 Last_bloodfly01

Bloodfly Twilightfly

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『インスタント沼』前売り券購入。マグカップ付き!

TOHO川崎に行ったら三木聡監督・麻生久美子主演の『インスタント沼』のチラシがあった。しかも特典(「沈丁花ハナメ(麻生久美子)サイン入り 幸運!?のジリ貧マグカップ」)付き前売り券も売ってる!もちもん買いました。1500円。

前から欲しかったんだけど、その頃はまだ新宿と渋谷での上映予定しかなく、どーしよーかなぁと考えていました。川崎でも上映してくれてよかったー。

Instantnuma_mug01

全5色のうちグリーンを購入。割と小振りです。アップにするとこんな感じです。淡い色合いですね。ちなみに川崎にはまだ全色ありました(4/10現在)。

Instantnuma_mug02

公式サイトにも画像があります。

「インスタント沼」前売り鑑賞券 販売スタート!

『インスタント沼』公式サイト

監督が横浜出身のせいか、この作品も横浜の黄金町でも撮影されてるんですよね。三木監督といえば実はワタシも一度『イン・ザ・プール』のエキストラとして参加させてもらってるんですよね。あの時も場所は横浜は大黒ふ頭。『図鑑に載ってない虫』も多分子安とかあの辺の入り江川沿いだと思うんですが。

【撮影現場レポート】 三木聡監督の新作「インスタント沼」撮影開始! 麻生久美子、加瀬亮らも首をひねる面白ワールド (MovieWalkerレポート:2008.07.03)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.05

「THE CODE/暗号」とか「さまよう刃」とか川崎ロケ作品

劇場で林海象監督、尾上菊之助主演の『THE CODE/暗号』の予告編が流れてました。冒頭いきなりチネチッタが爆発してびっくりしました。JR川崎駅とアゼリアを結ぶエスカレータ・階段のとこも出てました。あと多分味の素?の工場とか。「探偵事務所5」は川崎にあるし、自前の撮影スタジオも川崎なのでロケも川崎中心で行われてましたしね。自分もエキストラとして参加したので公開が楽しみです。

探偵事務所5オフィシャルサイト『THE CODE/暗号』

5/9公開:前売り特典は「探偵507ミニキューブ・ストラップ」(一部劇場除く、数量限定)

もうひとつチネチッタネタを。

東野圭吾原作の「さまよう刃」(主演・寺尾聡)のニュースが流れ出しましたが、これのクライマックスのシーンがチネチッタ周辺で撮影されてます。エキストラ募集があったんですが、平日だったので断念しました。当日京急線の窓からチッタを見てたらそれらしき車輌が止まってました。うーん、残念。

東野圭吾の問題作「さまよう刃」映画化、寺尾 聰が少年犯罪と対峙 (ハリウッドチャンネル:2009.03.27)

そういえば『フィッシュ・ストーリー』にも一瞬チネチッタが出てきましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.04

シネスイッチ銀座の公式サイトが

少なくとも4/2(木)の夜からシネスイッチ銀座の公式サイトが閲覧できないようになっているのですが(現在4/4早朝)、どなたか原因をご存知ですか?リニューアル中?それとも移転したの?

http://www.cineswitch.com/

後ろに“parked”と付いてPage Not Foundなんですよ。駐車中?だから停止中?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »