« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007.08.25

『長江哀歌』『題名のない子守唄』『4分間のピアニスト』109川崎で上映

109シネマズの近日公開予定の作品リストに『長江哀歌』と『題名のない子守唄』があるんですが、『題名のない子守唄』は劇場にチラシが置いてあったので確かだと思うんですが、『長江哀歌』はどうなんでしょう?9月8日からの上映になってますが、公式サイトの上映館リストには109川崎の名前はありませんし。個人的には是非上映して欲しいです。恥ずかしながらジャ・ジャンクー監督の作品はまだ観たことないですし。

『長江哀歌』公式サイト

『題名のない子守唄』公式サイト(9/15公開予定)

そう言えば『4分間のピアニスト』も109川崎で上映しますね。こちらはチラシも置いてあったし公式サイトの上映館リストにも名前があります。

『4分間のピアニスト』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOHOシネマズのvitで座席の個別指定できるのはどこだ!

TOHOシネマズ六本木にUSAバージョンの『グラインドハウス』を観に行くのに、料金が三千円均一なのでvitで事前にチケットを購入していこうと思った。普段利用しているTOHOシネマズは川崎や横浜なので、当然そのつもりで購入しようとしてビックリ。まだ旧バージョンのままで、座席の個別指定ができない・・・。横浜は新しいのでオープン当初から個別指定ができて感動したし、川崎もこの7月からvitはリニューアルして個別指定ができるようになってる。それなのにTOHOシネマズの旗艦館たる六本木のシステムが古いままだなんて・・・。そんなことでいいんですか?TOHOシネマズさん!

ブロック選択しかできないと勝手に座席を決められてしまうし、選択のやりなおしをしても同じ席ばかり出てきて腹が立つんだ。せめていくつかランダムに表示するようにすればいいのに。

で、調べてみると個別指定できるのは関東地方では他には流山くらいみたいだ。あとは中部のサンストリート浜北とか。圧倒的に少数派なんだ。知らなかった。普段利用している2館がともに個別指定できる劇場なのは何たるラッキー。舞台挨拶の時のチケット買う時なんか助かるんだわー。それと既に埋まってる席が分かるから、観に行く前にどれくらいの混みようか確認できる。これ便利。

おっと、浜松でも来月8日からリニューアルオープンでvitがバージョンアップするらしい。おめでとう!!

TOHOシネマズ 浜松9月8日リニューアルオープン!

*バージョンアップするとチケットと一緒にシネマイレージの券も出ますよ。鑑賞ポイントや合計マイルなんかが印刷されてるのよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『グラインドハウス』前売特典ステッカー

Grindhousesticker09 USAバージョン『グラインドハウス』を観てきたけど、単品公開の前売券も買いました。もちろん前売特典のステッカー目当てに2作品セット券を。ステッカーはセット券だと9枚付いてきます。

Grindhousesticker0108

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USAバージョン『グラインドハウス』を観る

Planetterror2Deathproof2

六本木のTOHOシネマズで『グラインドハウス』のUSAバージョンを観てきました。『プラネット・テラー』と『デス・プルーフ』の二本立てのやつです。途中にフェイクの予告編が4本入ります。本編のロバート・ロドリゲスクエンティン・タランティーノに加え、フェイク予告編をロブ・ゾンビエドガー・ライト(『ショーン・オブ・ザ・デッド』)、イーライ・ロスの三人が撮ってます。この最恐の布陣!合計3時間11分。8/31(金)までの期間限定上映ですのでお早めに。ご褒美として来場者全員にロビーカード(10枚入り)が配られます。クリックで拡大。

Lobbycardplanetterror_2 Lobbycarddeathproof

しかし、料金が三千円均一というのは高い!!同じくらいの長さの『インランドエンパイア』(3時間)は普通の料金やないですか!せめて単品公開の前売券を持ってる人は割引料金で観れるとか何とかして下さいな。ってもう観ちゃったけど。

『グラインドハウス』公式サイト

感想はこちら

*それにしてもタランティーノの出過ぎ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

北野武作品が再リース?

北野武監督作品がまとめて再リリースされるようですね。アマゾンや楽天でも予約受付中です。どれも三千円くらいで買えます。この機会にまとめ買いするか?個人的に欲しいのは『3-4x10月』や『あの夏、いちばん静かな海。』『ソナチネ』辺りですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.19

『Dynamite Warrior』邦題は『ロケットマン!』

Appleの予告編サイトで見て気になってたタイのアクション映画『Dynamite Warrior』が『ロケットマン!』という邦題で公開されるようです。

『Dynamite Warrior』予告編(Apple Trailers)

主人公は『七人のマッハ!!!!!!!』のダン・チューポン。日本語公式サイトはまだないようですが10/6(土)銀座シネパトス他でロードショー公開の予定だそうです。ムービーウォーカーで試写会の案内をしてたので知りました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.08.12

『魍魎の匣』の前売特典はルービックキューブ

   12/22公開予定の『魍魎の匣』(原作:京極夏彦/監督:原田眞人)の前売特典はオリジナルルービックキューブ"脳良の匣"だそうです。小型ルービックキューブでしょうか。写真からは比較対象物が無いので実際の大きさが分かりませんが、オマケなんでちっちゃいんでしょうね。ちゃんと動くんでしょうね(笑)。

前作『姑獲鳥の夏』の前売特典はノベルズ版の豆本でしたね。それに引き続き、安直なポストカードでないところは好感が持てます。

「京極堂」シリーズ、映画『魍魎の匣』12月22日(土)初日決定!(CINEMA TOPICS ONLINE:2007/08/08)

京極夏彦原作『魍魎の匣』、劇場公開は12月 - 前売特典を是非ゲットすべし(マイコミジャーナル・エンタテインメント:2007/08/08)

『魍魎の匣』公式サイト
*肝心の公式サイトにはまだ何の案内も無いというのはどうなんでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.08.10

紀里谷和明監督新作でエキストラ募集中

紀里谷和明監督新作映画『GOEMON』でエキストラを募集中です。2009年3月?公開予定作品でプロデューサーは一瀬隆重。そう言えば一瀬さんのブログ(あ、募集のバナーがちゃんとある)に何度か「紀里谷監督と打ち合わせ」という言葉が出てましたね。国内のみではなく世界公開だそうです。

撮影期間は8/20(金)~10/31(水)。場所は川崎と世田谷。撮影も監督がするの?衣装メイクが大掛かりなようです。それだけやり甲斐があるエキストラとも言えましょうか。詳しくは以下で。

紀里谷和明監督作品 GOEMON エキストラ 募集のお知らせ


同時にボランティアスタッフの募集もしてます。これは宮前区のホームページですか。

紀里谷和明監督作品2009年公開予定「GOEMON」 川崎でボランティアスタッフ募集!(エンドロールに名前をお入れします)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.08.06

韓国発モンスター映画『D-WAR』

アメリカでは『01-18-08』が話題になってますが、そんな中、全米で9/14公開予定の韓国のモンスター映画『D-WAR』ってのがあるんですね。全然知りませんでした。予告編見るとすごいことになってます。

ド迫力! 映画『D-WAR』予告編公開(Chosun Onlineエンタメコリア:2007/06/06)

http://www.d-war.com/(韓国公式サイト)*こっちの方がより長いバージョンが見れます。

どうやらドラゴン伝説もののようですね。『トランスフォーマー』顔負けの街中破壊シーン!と言えば言い過ぎでしょうか。韓国での動員も好調のようです。『グエムル』以上にヒットしてるようです。ちなみに監督のシム・ヒョンレは『怪獣大決戦ヤンガリー』の人。と、聞くとかなり危惧を抱く方々も多いかと思いますが、さてどうでしょうかね。

『D-War』、公開3日で観客動員数100万人突破(Chosun Onlineエンタメコリア:2007/08/03)

SF映画『D-WAR』、公開4日目で観客200万人突破…歴代最短記録(Chosun Onlineエンタメコリア:2007/08/05)

【コラム】巨大な富の世界に挑む「シム・ヒョンレ」モデル(上)(下)(Chosun Online:2007/08/03)

どうやら日本での公開も決まってるようです。

『D‐War』、米国に続き日本で今冬大規模公開へ(Chosun Onlineエンタメコリア:2007/07/24)

首を長くして待ちましょう。

*『01-18-08』のオフィシャルサイト?らしいhttp://www.1-18-08.com/の写真もいつの間にか増えてますね。どんどん追加されていくんでしょうかね。動かせるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.05

『SHINOBI』がハリウッドでリメイク?今度はホント?

『カムイ外伝』の実写映画化の記事の時にチラリと触れた『SHINOBI』ですが、再びハリウッドでリメイクの動きがあるようです。“再び”というのは以前にも“オファーがあった”という話しがあったからですが、今回は実現するのですかね?そして今回はちゃんと時代劇としてのリメイクなんですかね?

ユニヴァーサル・ピクチャーズ、『SHINOBI』をリメイク(シネマトゥデイ:2007/08/03)

以前の当サイトの記事を転載します。

----------------------------------
◆『SHINOBI』ハリウッドでリメーク!?(銀幕小匣2005/09/18)

昨日から公開が始まった『SHINOBI』が早くもハリウッドからのリメークのオファーを受けてるそうです。実は『SHINOBI』には映画ファン ドで小額ながら投資してるので投資家にとってはうれしい話です。これでさらに話題になり観客動員が増えて興行収入も増えてくれれば、と。

(でも忍者の替りに企業スパイってどんなリメイクなんだ!)
サンスポのニュース

同じ17日にはヨン様の『四月の雪』も公開され、オバサンパワーでかなり賑わってるらしい。同じアクション系では『ファンタスティック・フォー』も公開された。ライバル達に負けるな『SHINOBI』!

----------------------------------

リンク先のサンスポの記事は既に削除されてます。初日舞台挨拶の時にオファーを受けているという発言があったわけです。で、その内容が時代劇でなく、設定を現代に置き換え、企業同士の争いを描く内容だったわけです。

『SHINOBI』は仲間由紀恵オダギリジョー主演&主題歌が浜崎あゆみ、プラス当時売出し中の沢尻エリカ出演、という布陣にも関わらず最終的な興収が14億という結果に終わり、製作資金を回収できず、ファンドも赤字になりました。まあ15億がボーダーラインだったので損失額はそれ程大きくなかったわけですが、それより何より内容がいまいちだったのが残念でした。投資させる前に脚本読ませろ!!と思いましたね。

さて、今回のリメイク話しは先に進むのか?進んだ先にはどんな作品が待っているのか?続報を待ちましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピアノがいっぱい。

最近『神童』が公開されたばかりで、現在は『ピアノの森』が公開中。そしてこれからやってくるのが以下の作品群。

私のちいさなピアニスト(8/25公開予定)

4分間のピアニスト(秋公開予定)

僕のピアノコンチェルト(晩秋公開中)←これ監督がフレディ・M・ムーラーなんですね。『最後通告』は観たな。

ピアノ関連ものがこうも立て続けに公開されるのは単なる偶然か?前売特典もピアノ柄ピンズ(私の〜)、五線譜レターパッド(4分間の〜)、ピアノ型クリップ(ピアノの森)、と一般的なポストカードとは違う趣向で好感が持てます。神童はピアノ柄ハンカチでしたか。『僕のピアノ〜』は何なんですかね?気になります。もう遅いけど全部集めてコレクションを作るのも面白かったか。

Mylittlepianist24minutes2

『僕のピアノコンチェルト』は銀座テアトルシネマに『ファウンテン』を観に行ったら予告編を流していたので知りました。チラシが劇場に置いてなく、公式サイトも中身がないので関連情報を。

映画でクラシックピアノを楽しむvol.3 神童の苦悩『僕のピアノコンチェルト』
(cinemacafe.net)

ていうかcinemacafe.netのコラムで既に取りあげてるよ、これらの作品!興味のある方はどうぞ。

映画でクラシックピアノを楽しむvol.2 良質の韓国映画でラフマニノフに浸る

映画でクラシックピアノを楽しむvol.4 一度でいいからピアニストになりたい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.04

『ホステル2』Tシャツ付き前売券

ポスター付き前売券が発売中の『ホステル2』ですが、いよいよ8/8からTシャツ付き前売券が発売されるようです!4500円。表のデザインが共通で、裏のデザイン別に2種類。絵柄別に限定100枚だそうです。欲しいがお金が・・・。

また、ポスター付き前売券のポスターは絵柄が三種類あって、現在第一弾の絵柄が終了し第二弾の絵柄になってるそうです。絵柄的にはやはり第一弾がベストか。

Tシャツ付き前売り券販売!!(HOSTEL2:news:2007/08/03)

*公式サイトのニュースもいつのまにかブログ形式になってます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

講談って聞いたことある?

同じ日本の伝統芸能でも、現在、落語家の数は600人位はいるのに比べ、講釈師となるとその一割程度の70人くらいだそうだ。実際に落語を聞いたことが無くても、すぐに名前が出てくる落語家の一人や二人はいるだろう。桂だの笑福亭だの林家だの。テレビを付ければどこかに誰かが出ているんじゃないだろうか。映画でも最近は『しゃべれども しゃべれども』なんかが公開されたしね。

一方講釈師となるとどうだろう。直ぐに誰か思い浮かぶだろうか?ちょっと前にはNHKの「にほんごであそぼ」で神田山陽さんが話題になったが、それ以外に一般の人が思い付く講釈師などいるだろうか?落語と講談。ネタ的には大きな違いはないのにこの差は何なのか。

で、去年もニュースで取りあげられていましたが、またこんなニュースが。

「アニメとは違うのだよ」 旭堂南半球がガンダム講談(asahi.com:2006/10/11)

好評!上方漫談師が「がんだむ講談」(gooニュースby Sponichi Annex:2007/08/04)

で、何を言いたいかというと、自分の知り合いにもその貴重な講釈師が一人いるのでその宣伝です。その名は田辺凌鶴。知ってる人は知っている田辺一鶴先生の門下生です。彼も時事ネタの新作講談を作ったり日々精進してるようです。是非一度足をお運び下さいませ。

講釈師(講談師)・田辺凌鶴:凌鶴日記

*ガンダム講談もいいけど、往年のアニメファンに於かれては「宇宙戦艦ヤマト」の森雪こと麻上洋子さんが一龍斎春水という講談師になっていることをご存知だろうか?「講談・宇宙戦艦ヤマト」というのもあるようだ。
春水の部屋

洋子&春水、声優&講談師と母の介護士


<追記>

現在公開中の『怪談』に講談師で人間国宝の一龍斎貞水先生が出演されてるそうです(あれ、『奇談』にも出てましたって)。作品中で「真景累ヶ淵」を語ってるようです。また、それに合わせてはとバスツアーも組まれてようですね。いや、「講談師と行く怪談ツアー」自体は毎年やってるんですか。『怪談』とのタイアップ企画が「真景累ケ淵(かさねがふち)」の世界、ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『サッド ヴァケイション』のこと。

9/8(土)公開予定の青山真治監督作品『サッド ヴァケイション』ですが、既に出品が決まっているベネチア(ヴェネツィア)映画祭のオリゾンティ部門に加えトロント映画祭の“ヴァンガード部門”への参加も決まったそうです。

オダギリジョーら出演作がトロント映画祭(nikkansports.comシネマニュース:2007/08/03)

これを機に『Helpless』を観てみたくなったんですが、近所のツタヤにはレンタルがなく、でも一度思い立つと無性に観たくなり、ネットであちこち探してみたら中古で安く売ってたので買うことにしました。劇場で何度か観てるんですけどね。

豪華なキャストや映画祭への出品など話題性には事欠かない『サッド ヴァケイション』ですが、当の青山監督は、海外や国内の批評家からの評価が高い割には一般的な認知度や商業的成功には恵まれていないような気がするんですけどね。まあもともとそんなところを目指してる訳でもないんでしょうけどね。個人的には初期の頃の作品が好きですね。

『チンピラ』や『WiLd LIFe jump into the dark』『冷たい血 AN OBSESSION』辺りですかね。

公式サイトのインタビューを読むと、今回も北九州の空撮シーンから始まるらしいです。『Helpless』のオープニングもやはり空撮のシーンから始まってて強烈な印象を与えてましたね。それだけでも楽しみです。残念ながら川崎近辺での上映は今のところ予定にないで、試写会に行ってくる予定です。

『サッド ヴァケイション』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.02

eiga.comで会員登録が

映画情報サイトのeiga.comで会員登録が始まってま〜す。

eiga.com

ここって価格.comが子会社してたのね。

カカクコム、映画総合サイト「eiga.com」を子会社化(japan.internet.com:2007/08/01)

エイガドットコム、「eiga.com」をユーザー参加型 CGM へリニューアル(japan.internet.com:2007/02/20)

それはいいとして、せっかく会員制にしたんだからプレゼントの応募もIDとパスワードでOKにして下さ〜い。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.08.01

「イーブックオフ」と「ブックオフ オンライン」の関係は?

私も大変お世話になっているブックオフ(BOOK OFF)なんですが、そのオンライン店舗のブックオフ オンライン(BOOKOFF Online)が、「中古品以外に新品も扱うことになった」というニュースがありました。

BOOKOFF Onlineが新品取り扱い開始、1500円以上購入で送料無料に(GIGAZINE)

今までブックオフオンラインってのがあるのを知らなかった、というか、イーブックオフ(eBOOK OFF)がオンライン版の店舗だと思ってたんですが・・・。この両者の違いは何なんですか?

イーブックオフの会社概要を見ると、会社名は「ネットオフ株式会社」で主な出資企業の中にブックオフコーポレーション(株)の名前がある。

で、ブックオフオンラインの会社概要を見ると、会社名は「ブックオフコーポレーション株式会社」。つまり、ブックオフにお金を出してもらってできたのがイーブックオフってこと?

あ、イーブックオフの企業理念のところにこんな一文がありました。『ブックオフコーポレーション株式会社の起業家支援制度第一号として、事業をスタートいたしました。』

イーブックオフのサイトにはブックオフオンの店舗一覧があるし、ブックオフのサイトにもイーブックオフへのリンクがあるし(もちろんブックオフオンラインへのリンクもある)。

でもさ、両者の価格を比べてみると圧倒的(ちょっと大袈裟?)にブックオフオンラインが安いんだすけど。とりあえず自分が欲しいと思った品物に関しては。まあ、ブックオフオンラインにはポイント制とかは無いようだし、他のポインサイトとの提携等も無いようなので多少は実質的な価格差は縮まるかもしれませんが、それでも見た目の価格差は大きいですよね。1500円以上で送料無料も同じだし。

それにブックオフオンラインは「お知らせメール(入荷メール)」や「ブックマーク(お気に入り)」の登録件数や配信回数の制限に関する記述は無いし(少なくともイーブックオフよりは多くできそう)。

だから最近イーブックオフで「コミかる」というコミックのレンタルサービスとかを始めたんですかね。生き残り策として。う〜ん。

ブックオフ オンライン(BOOKOFF Online)

イーブックオフ(eBOOK OFF)

本を売るならBOOK OFF

*しかし、これで、何か買おうとした時にチェックしなければならないサイトが増えてしまった。安く買えるならうれしいことだが、その手間を考えるといささか大変だぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

松山ケンイチが『カムイ外伝』

崔洋一監督が松山ケンイチで『カムイ外伝』を撮るらしい。

松山ケンイチで「カムイ外伝」初実写化!崔洋一監督と初タッグ(スポーツ報知)

う〜む。どうなんでしょうね、この企画。マツケンがどうのとか言うのではなく、『カムイ外伝』を実写化すること自体ですが。ここ数年“忍者”ものはことどとくコケてません?
少し前では『RED SHADOW 赤影』。最近では『SHINOBI』とか。日本独特の“忍者”ですが、どうもうまく映画化されてない。そこにもってきて白土三平ですよ。カムイですよ。脚本がクドカンですよ。二時間前後の枠の中にちゃんと収められるんですかね?不安だらけです。
ある意味崔洋一監督がこの作品を撮ること自体は分かる部分はありますし、『血と骨』的な雰囲気が出ればある程度は期待できるかもしれませんが、それでも『血と骨』さえも原作から比べれば全然描ききれてないわけで・・・。う〜む、って感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »