« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.31

クロ或はグロで始まる作品たち。

◆『GROW/愚郎』(9/8公開予定)
◆『クローズ ZERO』(10/27公開予定)
◆『クローズド・ノート』(9/29公開予定)
◆『黒帯/KURO-OBI』(10/13公開予定)

何か似たようなタイトルが並んでました。予告編を観る限りでは、個人的には榊英雄監督で寺島進木下ほうか菅田俊がワル学生?を演じる『GROW/愚郎』がツボでした。観たい。でもレイトだ。

長崎俊一監督の『黒帯/KURO-OBI』も面白そう。脚本が飯田譲治ってこともあってか、今までの監督作品とはまた毛色の違った感じで。

まあ、あとの二作品はメジャーな監督さんだし、原作ものなので割愛ってことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『エクスマキナ EX MACHINA』前売特典

10/20(土)公開予定の『エクスマキナ EX MACHINA』ですが、前売券が間もなく8/4(土)から発売開始です。前売特典が、

◆第一弾(8/4〜):<劇場版ポスター付き>1300円/限定10.000枚

◆第二弾(9/1〜):<海洋堂デュナンフィギュアPRADA衣装Ver.付き>1800円/限定3.000個

またこれらとは別に
◆プレミアム付き前売券(8/4〜):<プレミアムDVD「EX MACHINA〜Prologue〜」付き>1700円/限定5.000枚

が発売されるようです。エヴァと違って、前もって発売される種類を発表する姿勢は評価できますが、“限定”とか煽って前売料金にプラスの値段を付けるのは困るなぁ。ポスターも欲しいし、DVDも欲しいし・・・。ていうかDVDの中身も教えてよー。 ちなみに川崎地区の上映はチネチッタだけのようです。TOHOはららぽ、109はみなとみらいにもってかれました。

『エクスマキナ EX MACHINA』公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.27

『仮面ライダー THE NEXT』の前売特典

10/27公開予定の『仮面ライダー THE NEXT』の前売特典がよいですね。V3号のフィギュアスタンプです。限定10.000個。8/4(土)発売開始。川崎ではチネチッタで上映&前売販売。PG12指定ってこともあり期待大。

『仮面ライダー THE NEXT』公式サイト

上映館&特別鑑賞券

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.26

『Trapped Ashes(原題)』のこと。

同じくインビテーションに載ってた作品から。

Trapped Ashes(原題)』。ホラーのオムニバス作品のようです。監督がジョー・ダンテケン・ラッセルショーン・S・カニンガムモンテ・ヘルマンジョン・ゲイタ。正直初めて聞く名前の監督もいるけど、面白そう。日本人も参加してるし。

あ、モンテ・ヘルマンって何だか凄い監督みたい。すいません勉強不足で・・・。ジョン・ゲイタって人はマトリックスの特撮の人ですか。ますます観たくなった。

映像製作詳報:CINV他「Trapped〜」トロントに招待(文化通信.com:2006/08/02)

Cinema Investment Corporation シネマ・インヴェストメント株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.24

『富江』最新作は、あびる優?

現在発売中のインビテーションの記事のこれから公開予定の作品の中に『富江』があり、その主演が“あびる優”となってたんですが、本当ですか?

<追記>

富江-増殖-』というタイトルで10月公開予定になってました。監督は久保朝洋という方。『富江 最終章 —禁断の果実—』(監/中原俊)の助監督やってたんですね。これは安藤希宮﨑あおいちゃんの出たやつですね。ポスター付き前売券を買った記憶がありま す。その他に『ガラスの脳』(監/中田秀夫)や『月光の囁き』(監/塩田明彦)、『ekiden』(監/浜本正機)、『竜二 Forever』(監/細野辰興)でも助監督をやってたのか。なかなかなラインナップですねー。観てないけど『パローレ 〜甘い囁き〜』(監/前田哲)っ てやつでも。で、満を持して監督デビューですか。今までアイドル主演系の作品が多かったのに、ここにきてあびる優ってのはどうなのよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.20

マギー・Qのこととかアメリカのコメディ映画とか。

マギー・Qである。『ダイ・ハード4.0』では冷酷でビッチな東洋女を演じていた。『ミッション:インポッシブル3』にも出てました。あと自分が観たのでは『レディ・ウエポン』がある。どれもシリアス系でアクション系の役だ。そのマギー・Qが今度は卓球コメディに出ている。『Balls of Fury(ボールズ・オブ・フュアリ)』(原題)。アメリカでは8/31に公開のようだ。少林卓球って感じの映画だ。クリストファー・ウォーケンが悪役?で出てるし。とっても観たいが、日本での公開はあるのか?DVDスルーか?

『Balls of Fury』オフィシャルサイト

クリストファー・ウォーケン、卓球を題材にしたコメディ映画へ出演(シネマトゥディ:2006/04/06)

アメリカのコメディ映画が日本ではあまりヒットしないのは周知の事実だが、それ以前に日本で公開される作品自体が非常に少ない。アメリカの文化を知っていないと笑えないからとか、色々な理由はあるんだろうが、要はヒットが見込めないから上映されないだけ。でもバカなことを大金掛けて大真面目に作ってる姿は見習うべきだ。日本の制作会社もワンパターンの難病ものやTVの延長のパラペラなアイドル映画を作ってる暇があったら、もっと金の使い道を考えて欲しいものだ。TV局が金を出してる限り無理か・・・。

と、いうことでもうひとつ面白そうなのを。

『THE GAME PLAN』予告編

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.19

『ローグ・アサシン』と『WAR』

Rogueassassin2アドレナリン』を観てきたんですが、ジェイソン・ステイサムっていいですよね。シリアスもお馬鹿も、シリアスなお馬鹿も演じるられる貴重な存在だと思います。その上アクションもこなせるし。

で、そのジェイソン・ステイサムジェット・リーが対決する『ローグ・アサシン』という映画があるんですが、左がその日本のチラシ。何やらちょっとミステリアスな雰囲気がありますよね。これ、原題が『WAR』って言うんです。アメリカのオフィシャルサイトがここ予告編がこれ。見ての通りアクションを前面に出した作りですし、カテゴリーも Action and Adventureとなってます。

一方、日本語の公式サイトがここ。何故に日本の配給会社がこうも本家と違った宣伝の仕方をするのか分かりませんが、あまり内容とかけ離れた宣伝は観客に対してマイナスにしかならないと思うのですがね。まあ、まだ作品を観てないのでどちらが作品の内容に近いのかは判断できないわけですが、雰囲気優先内容二の次の日本の宣伝の仕方は改めて欲しいものです。その好例が今公開中の『ファウンテン』だと、私の友人が憤ってました。

まあ、そういうことは置いておいて、『ローグ・アサシン』(この邦題も苦労して考えたのかな。原題はWARって直接なタイトルだもんな)は楽しみではあります。日本から石橋凌ケイン・コスギが参加してるし、デヴォン青木も出てる。日本公開は10/6(土)の予定です。

*ジェイソン・ステイサムとジェット・リーって『ザ・ワン』で共演してるんだね。

*アメリカのオフィシャルサイトですが、メニューにカーソルを合わせると英語が日本語に変わって面白いです。“ジェット機”って何だよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.17

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(CCR)

ダイ・ハード4.0』を観てたらクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルCCR)の曲が掛かってた。“掛かってた”と言っても聞いて分かったのではなく、セリフで出てきたからそうだと知っただけ。はっきり言って洋楽に関しては全く疎いです。幾つかのグループ名くらいは知っていてもそれ以上の知識はほとんどありません。では何故クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルという名前に反応したのか?まあ、一度聞いたら印象に残る名前ってのもありますが、まずファーストコンタクトは『20世紀少年』(浦沢直樹)の22巻。これに出てきましたね。そしてちょうど同時期に読んでいた梶尾真治の『黄泉がえり』の中にも登場してたんです(映画版に出てきたかどうかは記憶に有りませ)。たまたま同時期に読んでた漫画と小説に出てきたことでより強烈に記憶に残ったわけです。それが今年の4月頃。で、昨日の『ダイ・ハード4.0』。三作品の主人公の年齢が近いって言えばそうかな?

だから何なんだと言う訳ではありませんし、シンクロニシティとか何とかは持ち出しませんが、要はクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルの曲を聴いてみようかなぁと思ったってことです。

実写映画版の『20世紀少年』にもCCRは出てくるのか?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.14

『ホステル2』前売特典第二弾はTシャッツか!?

以前お伝えしたように『ホステル2』の前売特典は現在、アメリカでは不許可になったポスターが付いてくるのですが、第二弾では何とTシャツが付いてくるとの話しです。絵柄等の詳細は不明ですが、これも欲しいなぁ。二枚買えってか?う〜ん・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蒼井優ちゃん主演の作品でエキストラを募集中!

蒼井優主演/タナダユキ(「赤い文化住宅の初子」)監督・脚本の『百万円と苦虫女』のエキストラを募集してます。茨城・都内・埼玉等ですね。う〜ん、これは参加したいかも。 森山未來くんも出てるよー。

エキストラ募集:百万円と苦虫女(日活)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.11

まじ?ハリポタの舞台挨拶が109川崎で。ただし主演者じゃないけど。

今週末から先行上映の始まる、あの『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』ですが、何と7/21(土)に109シネマズ川崎で舞台挨拶があるそうです。とは言ってももちろん?主演のラドクリフ君やエマ・ワトソンちゃんではなく、ウィーズリー兄弟役のジェイムズ&オリヴァー・フェルプス君だそうです。これは双子なの?いや〜、自慢じゃないけどハリポタはひとつも見てないので全然知らないんだよねー(TOHOでイッキミやってくんないかなぁ)。ロン・ウィーズリーっていうのは別の子なのね。この役のルパート・グリント君は好きなのよね。『サンダーパンツ!』最高!!この子が来るならちょっと行ってみたかったけど。

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」公開記念舞台挨拶決定!(ニュース&トピックス:109シネマズ川崎)

チケットの販売は7/15(日)朝9:00からです。劇場&Web共に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『01-18-08』プロデュースドby J・J・エイブラムス

全米で公開中の『トランスフォーマー』がだ、その上映館のみで流された映像が話題になってるそうだ。「Lost」のクリエーターのJ・J・エイブラムスがプロデュースする映画でパラマウントが極秘裏に進めてるプロジェクトらしい。見た感じはドキュメント風のタッチで『宇宙戦争』っぽいパニック感。“モンスター映画”っていう噂もあるが、もしそうならかなり微妙な感じ。導入部としてはいいが、“モンスター”ってどうよ?どうするの?まあ、その辺も含めて楽しみではあるが。ちなみに暫定タイトルが「Cloverfield」という話しも。

『01-18-08』予告編(Apple-Trailers)

『1-18-08』オフィシャルサイト?

「LOST」のエイブラムスが仕掛ける謎の予告編がネットにも登場(eiga.com:2007/07/11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.10

『黒い家』の韓国版リメイク『ブラック・ハウス』がヒットしてるそうです。

大竹しのぶの怪演が強烈だった映画版『黒い家』(原作:貴志祐介)が韓国でリメイクされ『ブラック・ハウス』というタイトルで公開されたようです。そしてかなりヒットしてるそうです。

韓国で『オーシャンズ13』『シュレック3』を抑えて1位になったのは日本発のホラー(シネマトゥデイ:2007/07/10)

原作者がシナリオの構成を“原作以上”と言ってるくらいなんで、それなりにすごい出来なんですかね。最近韓国産のホラー映画ってあんまり観てない(『アパートメント』も行かなかった!)し、幸い日本でも秋に公開されるようなので是非観たいですね。森田芳光監督は観たんですかね?監督の感想も聞いてみたいですね。

余談ですが、日本版のロケ地には石川県の内灘とかが使われてましたね。森田監督が『間宮兄弟』のブログで触れてますね。

鉄道まみやマニア(映画『間宮兄弟』の公式ブログ)

それにしても最近貴志祐介さんの新刊本が出ないですね。「硝子のハンマー」以来出してないですよね?個人的には「天使の囀り 」が一番好きですね。SFホラーとしてかなりな出来だと思ってます。「クリムゾンの迷宮」なんて映画化しやすそうですがね。まあ、今となってはネタ的に目新しくないですか。

<08/03/01追記>
公開は秋から大幅に延びてようやく08/04/05に公開されます。

『黒い家/BLACK HOUSE(ブラックハウス)』公式サイト

それから貴志祐介さんの新刊も出てますね貴志祐介『新世界より』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ドッグ・バイト・ドッグ』『サイボーグでも大丈夫』

Dogbitedog2Cyborgok2

◆『ドッグ・バイト・ドッグ
エディソン・チャンサム・リー主演の“バイオレンス・アジアン・ノワール”作品。監督のソイ・チェンは”香港の三池崇史”と呼ばれてるそうな。エディソン・チャンの設定は『ダニー・ザ・ドッグ』のジェット・リーに似てるが、こっちの方がより過激で救いがなさそうで楽しみ。

◆『サイボーグでも大丈夫
復讐三部作のあのパク・チャヌク監督の“ロマコメ”作品。こちらは今までのバイオレントな過激さが不思議ワールドに転化したような趣き。色合いも、くすんだ色調からカラフルでポップに。どんな世界を見せてくるれのか楽しみ。

と、どちらもとても観たい作品なのですが、どちらも今のところ上映館が関東では新宿武蔵野館のみという状態。『ドッグ・バイト〜』においては武蔵野館以外に上映予定館はないときてる。なんとかならんですかね。しかもその上『ドッグ・バイト〜』の方は三週間限定ロードショー。何で?もっとやっておくれよ!初日にはサム・リーが舞台挨拶予定だ!行きたいね〜。でもチケットなんて取れないだろうね。

『ドッグ・バイト・ドッグ』公式サイト(8/11公開予定)

『サイボーグでも大丈夫』公式サイト(9月公開予定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.09

いつの間にか『ホステル2』の公式サイトが!

H2banner01

しまった!油断してた、『ホステル2』の公式サイトが立ち上がってる!!しかも前売特典がアメリカで没になったポスターらしい。数量限定だ。前売開始が6/23だからもう二週間もたってる!金曜日に渋谷に行ったのに!チクショー。早く言ってくれよぅ。まだあるか?でも今のところ渋谷に行く予定は無いぞ。新宿(ケイズシネマ)でもいいが、新宿も行く予定なんかないぞ。エヴァンゲリオンの前売券なんか買ってる場合じゃなかったぞ(笑)。無理矢理何か観に行くか!?

Hostelpart2pre2 これは今日シネパトスから持ってきた小型のチラシだが(クリックで拡大)、よく見ると裏に前売特典のことが書いてあるじゃあ〜りませんか!やられた・・・。知ってれば帰りに渋谷に寄ったのに。チラシはよく読みましょうってことですね。反省。9/8(土)公開予定。

上映予定劇場にシアターNケイズシネマの他に「平和島シネマサンシャイン」もリストアップされてるんですが、ホンマですか?一般人も家族連れも大勢来るシネコンなんかでこんな鬼畜でゴアな作品を上映していいんですか?エライ!平和島シネマサンシャイン。距離的には一番近いぞ。でも前売券は売ってないのね。トホホ。

あれ?待ってくれ。これって実はR指定もPG-12指定も無いのか?公式サイトにもチラシにも見当たらない。あー、まあ『アポカリプト』(R-15)とかも平気でシネコンでやってるか。それに前作も実はそれ程ゴアゴアでもなかったしね。えげつないのはそうだけど、映画的にはオーソドックスな復讐ものって感じでしたしね。ネタがネタだけにキワモノ扱いでしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.08

『フロストバイト』公式サイトオープンしてます

Frostbite2_1以前お伝えした、あのロッタちゃんが大きくなって帰ってきた!スウェーデン製ホラー映画『フロストバイト』の公式サイトがオープンしてます。ヴァンパイアものです。チラシはちょっと気色悪いです。何だ?この呪怨モドキはって感じでセンス悪いです、はっきり言って。なので画像も小さめに。クリックすると大きくなりますのでご注意を。

『フロストバイト』公式サイト
*ただし、サイトの作りはシンプルで好感が持てます。

*感想はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『死神の精度』の監督は筧昌也。と、ゆうばりファンタとか。

で、映画『死神の精度』の監督なんですが、筧昌也という方です。はっきり言って名前を聞いても全然分かりませんでした(失礼!)。それもそのはず、今作が劇場長編映画デビューなんですね。でもでも、実は、私、この監督を生で見たことありました。北海道の夕張で。2003年のゆうばりファンタに行った時のファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門の表彰式で。『美女缶』という作品。

その後『美女缶』は都内でも劇場公開されてましたね。 で、その『美女缶』は妻夫木聡主演でセルフリメイクもしてたんですね、世にも奇妙な物語、で。でもって間もなく公開の『恋するマドリ』の原案もこの人なんですか。へ〜、全然知りませんでした。

『死神の精度』は原作本も面白そうだし、監督もなかなかユニークな方のようなので、まあ期待して待ちましょう。2008年の春公開予定ですか。

ik______筧昌也ホームページ

筧昌也 - Wikipedia

余談ですが、その年のゆうばりファンタのオフシアターには、知り合いも作品を出品して(私も少し出た)たんですよ。残念ながら『美女缶』にグランプリは奪われましたが。『トーキョー・サイコ・トリップ』万歳!

女子高校生×美女×トリップ?!〜オフシアター・コンペティション部門の3作品一挙上映〜 2003年02月15日 01:05(ゆうばり国際ファンタスティック映画祭Report)
*真中の写真が『美女缶』チームですね。

そのゆうばりファンタですが、どうやら来年、2008年の開催が決まったようですね。おめでとうございます。今度は三月ですか。行きたい気もしますが、どうなることやら。でも開催の頃って”雪”はどうなんですかね?あまり少ないと”ゆうばりファンタ”らしさが薄まる感じもするんですが。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2008の開催と作品募集について(NPO法人ゆうばりファンタ)
*余計なお世話かもしれませんが、映画祭公式ホームページへのリンクが”)”にまでかかってるので正しく表示されないですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アヒルと鴨の次は「死神」

アヒルと鴨のコインロッカー』が好調のようですね。恵比寿ガーデンプレイスの初動で邦画での最高記録を樹立したそうです。

「アヒルと鴨~」、恵比寿で邦画歴代最高のスタート(eiga.com)

それを受けて昨日から拡大ロードショーに入ってますし。チネチッタの初日(7/7)に舞台挨拶をやるかと思ったら、なかった。

で、その原作者の伊坂幸太郎原作の本がまたもや映画化されるそうです。『死神の精度』。主演は現在公開中の『傷だらけの男たち』にも主演している金城武!
で、伊坂幸太郎の本は『重力ピエロ』しか読んでなかったので『アヒルと鴨〜』も『死神の精度』を読んでみようと思った次第です。『陽気なギャングが地球を回す』も映画化されたし、伊坂幸太郎、人気絶頂?

国際派俳優・金城武が死神を演じる、映画『死神の精度』製作決定!(CINEMA TOPICS ONLINE:2007/07/02)

<当サイト関連記事>
映画『死神の精度』の監督は筧昌也。と、ゆうばりファンタとか。(銀幕小匣:2007/07/08記事)

え、調べてみたら『重力ピエロ』も映画化されてるの?『死神の精度』はもうドラマ化ラジオドラマ化されてたの?
おー、アスミック・エースのラインナップなある!『重力ピエロ』。監督は森淳一。共同企画制作のROBOTのサイトにもある。企画中か。『Laundry』(窪塚洋介・小雪主演)の監督ですか、森淳一監督。

『死神の精度』はNHK-FMの青春アドベンチャーっていう番組でラジオドラマ化されたのか。

伊坂幸太郎 -  Wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.07

エヴァンゲリオンのマウスパッド(1)

Eva10ayanamipad 本日7/7(土)より発売開始の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の前売券第参弾は貞本義行描き下ろしの「”綾波レイマウスパッド」。ストラップや3Dカードのは買う気になりませんでしたが、今回は買ってしまいました。

で、自分はかつてDTIというプロバイダーに入っていたんですが、そのきっかけとなったのが入会特典の「エヴァンゲリオンマウスパッド」。インターネットというものを始めるに当たり、どこに入るか迷っていた時の決め手になったのがこれでしたね(クリックで拡大 ほぼ原寸大)。

Evadtipad_1

かなり使い込んであるので、汚れてる。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.02

エドワード・ヤン(楊徳昌)監督逝く。

エドワード・ヤン楊徳昌)監督がお亡くなりになられたそうです。59歳。7年間、ガンとの闘病生活だったそうです。早すぎる死です。吉祥寺のバウスシアターで『枯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』を観たのが出会いでしょうか。長いので途中に休憩が入るため、入場する際、劇場から牛乳か何かをもらった記憶があります。台湾映画の面白さを知り、台湾映画を見続けるきっかけになったのもこの作品だったかもしれません。その後『恐怖分子』や『カップルズ』『ヤンヤン/夏の想い出』。そう言えば最近とんと名前を聞かないなぁと思っていたら、ガンだったんですね・・・。 ホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督やツァイ・ミンリャン(蔡明亮)監督がまだまだ元気でやってるだけに尚更残念です。ご冥福をお祈りいたします。

台湾の映画監督エドワード・ヤン、ガンのため逝去(eiga.com速報)

カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した、エドワード・ヤン死去(シネマトゥデイ)

*枯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件はDVDになってないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »