« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006.10.28

ファンタ傑作選inチネチッタ

いまチネチッタのハロゥイン映画際の会場です。すばらしいラインナップなのに客席はまばらです。さすがにファンタ並みの盛り上がりは期待してませんでしたが、これでは寂しすぎます。いとうせいこうさんもガッカりしちゃうかも。近所の人もそうでない人も今から駆けつけろ〜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.15

『天使の卵』初日舞台挨拶in川崎

10/21(土)公開の『天使の卵』の初日舞台挨拶が川崎のTOHOシネマズでもあるようです。東劇・渋谷Q-AXと都内を回って川崎に来るようですね。でも何故か川崎だけ沢尻エリカの名前がなく、<市原隼人、小西真奈美、冨樫森監督(予定)>となってます。スケジュールの都合か、先日『オトシモノ』で一度来ているのでパスしたのか。理由は定かではありませんが、残念なことです。そのせいでもないでしょうが、後方のチケットはまだ残ってる模様です。

冨樫森監督は『非・バランス』や『ごめん』が面白くてちょっと注目してたんですが、『鉄人28号』は(評判が悪かったこともあり)見逃し、今回もちょっと不安な内容なんですが・・・。どうなんでしょうかね?そういえば『夜のピクニック』の加藤ローサの弟役をやった子(=池松壮亮)が金田正太郎やってたんだね。あ、『UDON』にも出てたの?うどん部の子か?

『天使の卵』NEWS

TOHOシネマズ 川崎 上映カレンダー

 
*『非・バランス』は廃盤なんですか。高過ぎ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.10.14

東京国際シネシティフェスティバル

東京ファンタの休止を受けて今年から始まった(11/23〜26)東京国際シネシティフェスティバルですが、25(土)のオールナイトに行こうかな、と思ってました。『スキャナー・ダークリー』・『The Ringer』 (原題)・『殺しのはらわた』の上映に加えて、秘蔵映像の上映+ゲストを招いてのシンポジウムの予定、という魅力的なプログラムですからね。
一番観たかったのは『スキャナー・ダークリー』で、全米ではコケたので日本で公開されるのかどうか心配で、公開されないならここで観ておかないと、との思いもあったわけです。でもオールナイトって絶対どこかで眠っちゃって悔しい思いをするので、3500円という値段も考えるとどうしようかな〜とも思っておりました。
でも、どうやら『スキャナー・ダークリー』は12月に公開されるようなので、無理してオールナイトで観なくてもいいか、と。

あと篠崎誠監督の『殺しのはらわた』が非常に気になるのですが、これ30分という短編なんですね。こっちの方が一般公開される可能性が低そう。どこかで上映しないのかしら?

ファレリー兄弟の『The Ringer』は、面白そうだけど、まあ最悪日本で公開されなくてもここで頑張って観なくてもいいかな、と。

東京国際シネシティフェスティバル公式サイト
*今日からチケット販売開始です

『スキャナー・ダークリー』公式サイト
*川崎でも上映して下さ〜い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『40歳の童貞男』が川崎でも

前の記事で『40歳の童貞男』が渋谷で上映されると書きましたが、どうやらチネチッタでも上映されるようです。劇場にポスターが貼ってあり、サイトにも予定作品としてリストアップされてます。これだからチネチッタはやめられない。ただし公開は一ヶ月後ですが・・・

チネチッタ上映予定作品一覧

公式サイトには”レイトショー”ってなってますなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.11

『40歳の童貞男』が渋谷で

とっても観たかったけど豊島園でしか上映しなかったのであきらめた『40歳の童貞男』が渋谷のシネマGAGA!で上映されるようです。10/14(土)からです。でもレイトなんですよねー。まあ20時20分からなのでまだましですが、それでも引っ越してから渋谷が遠いからなぁー。
その他渋谷レイトでは『デビルズ・リジェクト マーダー・ライド・ショー2』・『MEATBALL MACHINE』・『ヅラ刑事』と観たい作品がたまってるし・・・。ガンバラナクッチャ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川崎ハロウィン映画祭

今年で10年目を向かえる「KAWASAKI HALLOWEEN」ですが、その中の「ハロウィン映画祭」が今年は熱い!”10周年スペシャル”として「東京ファンタ傑作選 カワハロバージョン」が上映される。作品のラインナップが凄い!『片腕カンフー対空とぶギロチン』、『MAY−メイ—』、『八仙飯店之人肉饅頭』、『死霊の盆踊り』の4本立て!!『八仙飯店〜』以外は観てるけど、それでもこの4本立ては魅力的だ。トークショーも予定されてるそうだ。

「ハロウィン映画祭」自体は昔一度参加したことがあるが(ゾンビオールナイトだったか)、久々に参加したくなった企画だよん。10/28(土)開場 22時00 開映 22時30。場所はチネグランデ(チネチッタ)です。詳しくは下記を参照して下さい。

川崎ハロウィン映画祭

*ちなみに29日は恒例の『ロッキーホラーショー』です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.01

「109シネマズ川崎」情報6〜まとめとか

プレオープンからグランドオープンまで三日間、109シネマズ川崎に通いました。試写会も含めて5本観ました。入った劇場はシアター2(キャパ110)、4(155)、6(317)、9(75)。試写会以外は空いてました。
ここ109川崎は全体的に小ぶりな作りのせいか、同じ109でも横浜に比べて客席の勾配が急になってます。だからベストポジションは客席後方のようですね。一番小さなスクリーン10(62)ではエクゼクティブシートが最後列になってますからね。

<<追記>>先程109横浜に行ってきました。川崎は横浜より客席の前後の間隔が狭いですね。横浜は足をそこそこ伸ばしても前に座席を蹴ることはありませんが、川崎は同じように伸ばすと前の席を蹴ってしまいます。その代わり高低差を付けて圧迫感を軽減させようとしてるんでしょうか。また川崎は横浜より座席の左右の間隔も短く感じるんですが。川崎は席と席が密着してるんですが、横浜は少し隙間があります。座席の仕様が違うのかもしれませんが、川崎はいささか窮屈感がありますなぁ。その分全スクリーンにエクゼクティブシートを導入してるのかしらん。

10個のスクリーンが1フロアにあるせいか、全体が迷路のようにも感じます。見取り図を見る限りはそうでもなかったのですが実際に入ってみるとちょっと戸惑います。特にトイレなんかに行こうとすると(中に三カ所ありますが)以外と歩かされるので要注意。廊下の壁の「ロビー」の文字はカタカナでお願いします。

やはりお薦めはエクゼクティブシートでしょうか。座り心地もよく疲れません。足も(よっぽいど長い人以外は)十分伸ばせますし。

スケジュールを見てて初めて気付いたんですが、ここはオールナイトとかはやらないんですね。24時前には全て終了するのですね。ラゾーナ川崎の営業時間を見ても「109シネマズ川崎」は24時までになってるし。TOHOやチネはオールナイトはやってるのでてっきりここもそうだと思ってたんですが、違うようですね。と、他の109シネマズも見てみたら、どこもオールナイトはやってないようです。シネコンにおける東レクの方針なんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »