« 今年のベネチアは熱い! | トップページ | アニメ版『時をかける少女』とリメイク版『日本沈没』 »

2006.07.29

ベネチア映画祭続報

63回ベネチア映画祭に日本からコンペに2作品が出品されることで色々と金獅子賞の期待も高まっているようですが、今年の他のコンペ出品作を見るとそう簡単なことではないような気がします。だってライバルが

ダーレン・アロノフスキー監督「The Fountain」
アルフォンソ・キュアロン監督「Children Of Men」
ブライアン・デ・パルマ監督「ブラック・ダリア」
ジョニー・トー監督「Fangzhu」
ツァイ・ミンリャン監督「Hei Yanquan」
ポール・ヴァーホーヴェン監督「Blackbook」
アラン・レネ監督「Private Fears In Public Places」
他13本

というソウソウたる顔ぶれですよ。まあ健闘は祈りますが、今さん、大友さんの作品はもちろん上記監督たちの作品もどれも楽しみな作品なので、賞は結果として、早くスクリーンで観たいです。

「The Fountain」予告編(Apple)

「Children Of Men」予告編(Apple)

「ブラック・ダリア」予告編(Yahoo! Movie)

ツァイ・ミンリャン監督×大森監督
(ゲルマニウムの夜 公式ブログ)

蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督取材敢行!(ジャッピー!)

*ちなみにコンペの審査委員長はカトリーヌ・ドヌーブだそうです。また「復讐三部作」のパク・チャヌク監督が審査委員の一人に加わっています。

|

« 今年のベネチアは熱い! | トップページ | アニメ版『時をかける少女』とリメイク版『日本沈没』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベネチア映画祭続報:

« 今年のベネチアは熱い! | トップページ | アニメ版『時をかける少女』とリメイク版『日本沈没』 »