« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004.08.30

【新着チラシ】〜8/29

久々に普通の劇場に足を運んだのでまとまった数のチラシになりました。

アトミック・カフェ/みんな誰かの愛しい人/ボン・ヴォヤージュ/ゴッドファーザー&サン/80デイズ/ツイステッド/クライモリ/キャットウーマン/父、帰る(別バージョン)/ナイトメア・ビフォア・クリスマス[デジタル・リマスター版]/雲のむこう、約束の場所/美女缶/歌舞伎町案内人/スペースポリス/お父さんのバックドロップ/ロード88/犬猫/ドルフィンスイム/インストール/ニワトリはハダシだ/スクール・ウォーズ〜HERO/くりいむレモン(別バージョン)/ホラー番長/日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場/大坂プロレス飯店/TUBE/オールド・ボーイ/珈琲時光(別バージョン)

今回は数はあるもののヴィジュアル的にはこれといったものがありませんでした。その中で好きなものは
作品的にも楽しみな『クライモリ』。あとは『キャットウーマン』くらいっすかね。
チラシとしてはいまひとつだけど、期待作としては、82年の映画だけど今だからこその公開なのであろう『アトミック・カフェ』。でもこれって昔一度公開されてなかったっけ?リバイバル?『ナイトメア・ビフォア・クリスマス[デジタル・リマスター版]』はもちろんリバイバル。
まだまだ元気な韓国映画からは『オールド・ボーイ』『TUBE』
邦画からは、たったひとりで作った「ほしのこえ」でいきなりブレイクし、トリウッドからいきなりシネマライズのロードショウ!の新海誠の『雲のむこう、約束の場所』。それから「19」がなかなかよかった渡辺一志『スペースポリス』。「いかレスラー」「MASK DE 41」「大坂プロレス飯店」と何故かプロレス映画が続く『お父さんのバックドロップ』
その他として、どうみてもマン・レイの真似の『ツイステッド』。見た目「世界でいちばん不運で幸せな私」に似てる『ニワトリはハダシだ』。あと『インストール』『ホラー番長』もそっくりだ。ははは。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.08.28

広島国際アニメーションフェスティバル報告

hirosima-anime1.jpg
一週間経ちましたが、第10回広島国際アニメーションフェスティバルの画像です。会場のアステールプラザと一日券(前売2500円)3日分。2年に一度とゆうか、2年掛りでの開催ってことなんですね。
hirosima-anime2.jpg
会場内の様子です。チケット、ポスターは林静一大先生。『赤色エレジー』はあがた森魚大先生によって映画化もされてますね。ちなみにあがた森魚はわたしの愛聴アーティストの一人です。

えー、グランプリは山村浩二の「 頭 山 」だそうです。コンペの応募規定や審査基準は分かりませんが、既にあちこちで賞を取り、一般公開もされ評価の定まっている作品にグランプリとゆうのはどうなんでしょうね?別に「 頭 山 」がどうのこうのと言うわけではなく(実際、大変面白い作品だと思います)、審査の問題なんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『バイオハザード2』前売り特典

bio2-omake.jpg
引き続きバイオ2ネタです。試写会で観てしまったんですが、前売り特典欲しさに、アンブレラ社IDカード付き前売鑑賞券を買いました。欲しかったのはIDカードじゃなくてストラップなんだけどね(ケースの中がIDカードです)。思ったよりしっかりしたストラップです。会社で使おうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『バイオハザード2』うちわ。

bio2-uchiwa.jpg
8/23(月)の『バイオハザード2』の完成披露試写会に行ってきました。ミラ・ジョヴォヴィッチの舞台挨拶付きでした。その時の入場チケット代わりに配られたうちわです。
それにしてもミラ嬢は異様にハイテンションでした。自分で一言言うたびに自分で爆笑するんですが、英語がわからない大勢の観客は内容が分からず、ポカンと見つめるばかりでした。あれは絶対楽屋で一杯飲んでると思ったんですが、どうなんですかね?関係者の方。
舞台挨拶の様子はあちこちで報道されてれと思いますので触れませんが、ミラ嬢のハイテンション振りもあり、非常に楽しいものでした。そう言えば日本を好きな理由に「109」や「スシ」の他に「ナカタ」と某デジカメCMで共演した方の名前を挙げておりました。ちなみに映画の感想はここに。

今年は猛暑のせいなのかやたらうちわが多いですね。「箪笥」「アイ,ロボット」「リディック」。他にもあったかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.20

広島国際アニメーションフェスティバル

19日の木曜日から始まった「広島国際アニメーションフェスティバル」。本日から参加してきます。羽田発、朝の6時50分だよ〜。ホテル付きの安いプランだから仕方ないんだけど、眠い〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.19

新着チラシ〜8/18(水)

【新着チラシ】イブラヒムおじさんとコーランの花たち(別バージョン)/春夏秋冬そして春(別バージョン)/ヴィレッジ(別バージョン)/ターミナル/犬夜叉&とっとこハム太郎

ヴィジュアル的にはimage/village-chirasi2『ヴィレッジ(別バージョン)』。ナイト・シャマラン監督はアメリカじゃあもうお笑い系の監督として認識されてるようですが、あたしゃまだ着いて行きますよ。後、待ち遠しいのがキム・ギドク監督のimage/ssfwschirasi『春夏秋冬そして春(別バージョン)』ですね。今回は別バージョンものが多いので、おまけでスピルバーグのimage/terminal-chirasi『ターミナル』を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『妖怪大戦争』

で、何で前回『戦国自衛隊』の話しになったのかと言うと、実は『妖怪大戦争』の記事を探してたんですわ。そしたら『戦国自衛隊』のことも書いてあったわけですな。で、何で『妖怪大戦争』なのかと言うと、先日8/16(月)に私の通ってるビルで撮影があったかも知れないんですわ。既に鳥取でクランクインしてるんで、どこで撮影があってもおかしくないわけですわな。
具体的には、掃除のおばちゃんたちが大量の着ぐるみを目撃しております。私も荷物搬入用の入口で何やら撮影用の機材らしきものを(そう言えば色んな色の照明用のゼラがいっぱいあった)運び込んでいるのを見ました。受付の警備員さんたちの話しとかも総合すると、「妖怪」「角川」の言葉が浮かび上がってきました。で、どうやら『妖怪大戦争』の撮影らしいとゆうことです。直接自分で確認したわけではないので何とも言えませんが、うちのビルは撮影に使われることがよくあるので、『妖怪大戦争』の可能性もあるということです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.08.18

映画『戦国自衛隊』その後。

以前書いた『戦国自衛隊』の話が少し見えてきました。これによると福井晴敏の『戦国自衛隊』は半村良のものとは別ものみたいですね。じゃあ何故同じタイトルなの?じゃあ手塚昌明監督の『新・戦国自衛隊』って何なの?と疑問はまだまだ残るのでありました。と、こんな記事もありますね。要するに『ゾンビ』と『ドーン・オブ・ザ・デッド』の関係みたいなもの?角川自身はリメイクって言ってるけどね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.08.15

東宝特撮ワールド

toho-tokusatu.jpg
8/12(木)横浜高島屋8Fで開催されている「東宝特撮ワールド」に行ってきました。ゴジラ関連を中心に東宝の特撮映画の歴史を紹介してます。映画でつかわれたミニチュアや歴代ゴジラ映画のポスターなどが展示されてます。イベントもやってるみたいです。わたしが行ったのは閉館間際で、歴代ゴジラ映画の予告編を上映してました。16日までだったかな。
mosura-etc.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/30〜「歌劇 人情酸漿蛍」

chie-chirashi.jpg
知り合いの出ているお芝居が7月30日から渋谷の文化村シアターコクーンで上演されてます。『歌劇 人情酸漿蛍(にんじょうほおずきぼたる)』
主演は沢田研二・石田えり。作・山岸きくみ/演出・久世光彦/音楽・coba/振り付け・南流石
興味のある方は是非ご覧になって下さい。8/15(日)までです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.11

サンダーバードウォッチ

thunderbirds-watch.jpg
ぴあで当たりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エイリアンVS.プレデター

8/10(火)試写会で『アイ,ロボット』を観に行ったらimage/e-vs-p-chirasi『エイリアンVS.プレデター』のチラシを配ってました。公開は12月らしいですが、待ち遠しいですね。予告編も上映してました。ネットでは既に観ていたんですが、やはり大きなスクリーンで観ると迫力ありますね。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.10

新着チラシ〜8/9(月)

【チラシ】インファナル・アフェア-無間序曲(別バージョン)/デビルズ・バックボーン/笑の大学/MAESTRO-マエストロ

それなりにかっこいいimage/infernal2-chirasi『インファナル・アフェア-無間序曲』(別バージョン)/試写会に当たったのに都合が合わず行けなかったが、デル・トロ監督のファンとしてはどうしても外せないimage/devilsbackbone-chirasi『デビルズ・バックボーン』/色んな意味で興味深いimage/warai-no-chirasi『笑の大学』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.07

リディックTHE BIBLE

riddick-dvd.jpg
渋谷のマークシティのところで配ってました。公式サイトやメールニュースには「非売品CD−ROM」って書いてあるけど、実物はDVDでした。うちわとチラシも一緒に配ってましたけけど、うちわは以前紹介したものと同じ(正確には枠の色が今回はオレンジ)でした。
今日が初日ですね。既に試写会で観ましたが、かなり辛口の感想になってしまいました。でもそれは期待の裏返しでもあるし、ヴィン・ディーゼルのこの作品に対する意気込みにはSFファンとしてうれしいものを感じます。ヒットするといいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新着チラシ〜8/6(金)

【新着チラシ】
image/bio2-chirasi『バイオハザード2-アポカリプス(別バージョン)』
image/yogen-kansen-chirasi『予言&感染』:Jホラーシアターの第一弾ですね。二本立てです。チラシも二つ折り。予言が鶴田法男監督。感染が落合正幸監督。このシリーズ、既に世界40ヵ国での配給が決定してるらしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.05

新着チラシ〜8/4(水)

【チラシ】トゥー・ブラザーズ(別バージョン)/LOVERS(別バージョン)/2046/マイ・ボディガード/シークレット・ウインドウ/ポーラ・エクスプレス/ビハインド・ザ・サン/SURVIVE STYLE5/ガチャポン/東京伝説/き・れ・い?/いずれの森か青き海/Revival Bluesリバイバル・ブルース/雲-息子への手紙

作品的に面白そうなのはimage/survive5『SURVIVE STYLE5』image/behind-the-sun-chirasi『ビハインド・ザ・サン』かな。
ヴィジュアルとしていいのはimage/lovers-chirasi『LOVERS(別バージョン)』image/2046-chirasi『2046』かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/4.『アイ,ロボット』うちわ。

i-robot-uchiwa.jpg
京急川崎駅前のダイスの入口の前で、特別割引券を貼付けて配ってました。割引券の有効劇場がTOHOシネマズの川崎と高槻とゆうのはどうゆう趣向なんでしょうか?何故に各地にあるTOHOシネマズの中でこの二つの劇場だけなの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.01

『ゴジラ』エキストラ募集中!

godzilla-extra.jpg
再び『ゴジラ ファイナルウォーズ』のエキストラを募集してますね。撮影は8月28日(土)・幕張周辺だそうです。応募締め切りは8月18日(水)。参加記念品(非売品)有り。応募多数の場合は抽選だって。詳しくはこちらでどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画化原作本

bookbblakeside.jpg
近所のブックオフでセールをやっていたので、映画化原作本を二冊買いました。

梁石日『血と骨』:自分もエキストラとして参加しただけに原作も早く読みたかったのでこの機会にと。公式サイトもオープンしてますね。

東野圭吾『レイクサイド』:東野さんの本は「白夜行」しか読んでないんですが、映画化された『秘密』や『g@me.』を観た限りでは映画版の『レイクサイド マーダーケース』もそこそこの期待はできるかな、と。それにしても青山真治監督って『ユリイカ』(2000年)でカンヌで受賞以来冷遇されてません?『月の砂漠』も2001年のフランス映画祭で招待上映されたきり一般公開は2003年だったでしょ。この『レイクサイド マーダーケース』も2003年には完成してたようだけど公開は2005年の予定になってるし。『Helpless』とか『WiLd LIFe』とか『冷たい血-AN OBSESSION』とか好きなんですがね。
と、調べていたら今開催中のお台場冒険王の中の、お台場映画王とゆうイベントで上映されるみたいですね。8月24日(火) シネマメディアージュです。仙道武則、青山真治、薬師丸ひろ子のサスペンス講座・舞台挨拶があるそうです。う〜ん、ちょっと行きたい気がするなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »