« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004.06.30

新着チラシ〜6/30

草の乱/マッハ!!!!(別バージョン)/サンダーバード(別バージョン)/スクービー・ドゥ2/ピエロの赤い鼻/CODE46/穴/ぼくはセザール10歳半1m39㎝/ミラーを拭く男/モーターサイクル・ダイアリーズ/父、帰る/MAILメイル//狐怪談/千の風になって/オーバードライヴ/怪談新耳袋[劇場版]/靴に恋して/うめく排水管/華氏911/エロス番長/トッポ・ジージョのボタン戦争/ナタリー...(仮題)/やさしい嘘

今回は数は多いものの、これといったものはありませんでした。映画に対する期待値を含めたところでimage/mach『マッハ!!!!(別バージョン)』image/haisuikan『うめく排水管』image/10-12
『ぼくはセザール10歳半1m39㎝』
。同じような顔とゆうことでimage/code46-2『CODE46』。表より裏面がいい感じのimage/kashi911『華氏911』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.29

夕張爆破作戦

yuubari1.jpg
北海道の夕張市が、地域経済活性化のために映画のロケで建物を爆破する「爆破特区」の申請を行うようです。人の住まなくなった住宅や何かを映画の爆破シーンに使ってくれってゆうんですな、これが。さすが元炭坑の町ならではの裏技。だったらついでの大規模なオープンセットとかも造ればいいんじゃないでしょうかね。ビルトアンドスクラッチ。土地はあまってそうだし。冬の映画祭だけじゃなくて、年中映画ファンを呼べるようにね。ちょっと遠いけどね。

そう、夕張と言えば「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」。私も去年、初めて行ってきました。それだけにこの記事、他人事のように思えなくて、要注目なんです。この映画祭、アットホームな感じのなかなかナイスな映画祭で、世界各国の映画人からも愛されているんですなぁ。キル・ビルの栗山千明演じる「ゴーゴー夕張」はもちろんここからの命名ですし、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)の『ミレニアム・マンボ(2001)』もここで撮影されてます。町中に映画の看板が掲げられていて、町全体が映画に覆われている感じです。さて、この「特区」構想、実現するのでしょうか。進展を見守りましょう。
日刊スポーツ
日経新聞

| | コメント (0) | トラックバック (1)

野沢尚氏自殺(6/28)

先程ニュースでいってました。作家で脚本家でシナリオライターの野沢尚氏が自殺したそうです。44歳の若さです。これからだという時に、彼に何があったのでしょうか?
映画の脚本作品に『その男、凶暴につき(1989)』『私たちが好きだったこと(1997)』等。最近では『破線のマリス(2000)』が映画化されましたね。御冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.24

新着チラシ&予告編〜6/23

【チラシ】友引忌(別バージョン)/ヴァン・ヘルシング(別バージョン)/リディック(別バージョン)/Mの物語り/世界でいちばん不運で幸せな私/スウィングガールズ

【予告編】キャット・ウーマン/スパイダーマン2/デビルマン/ヘルボーイ/北の零年/

チラシ大賞はimage/fuun『世界でいちばん不運で幸せな私』。個人的好みで次点にimage/riddick『リディック(別バージョン)』。楽しみな映画としてimage/swing-girls『スウィングガールズ』。
予告編はどれも面白かったよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.20

ニモのパスネット

nemo-pas.jpg
ニモのDVDが発売されるのを記念して、こんなパスネットが売り出されたので買ってみました。6万枚の発行だと思ったんですが、当日の夜には地元の駅ではもう完売してました。でもこれ、ニモちゃんの絵が描かれてないんですよね。へんなの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.13

『CODE46』前売り特典

code46.jpg
前売り特典の缶バッチにつられて前売券を買ってしましました。缶バッチは全部で三種類で、デザインはみんな違います。興味のある方はオフィシャルページをご覧下さい。先着500名そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.12

新着チラシ&予告編〜6/11

【チラシ】スパイダーマン2(別バージョン)/アイ、ロボット(別バージョン)/キング・アーサー(別バージョン)/天国の青い蝶(別バージョン)/ラブドガン(別バージョン)/16歳の合衆国(別バージョン)/セイブ・ザ・ワールド/すくらんぶる・ハーツ/WALKABOUT〜美しき冒険旅行〜/舌〜デッドリー・サイレンス/コウノトリの歌/青の塔/花はんめ/らくだの涙/なぜ彼女は愛しすぎたのか

数は多いけどこれといって好きなチラシはないですね。あえて言うならimage/spider-man2
「スパイダーマン2」の横バージョンですかね。

あと【種類が多いで賞】として「ラブドガン」。すでにimage/5lovedgun5種類も出てるのに更にimage/new-lovedgun新しいのチラシがありました。

【予告編】CODE46/家族のかたち/誰も知らない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.11

俳優座劇場

6hills.jpg
俳優座劇場ではもう映画の上映をやらなくなったみたいですね。気が付きませんでしたが、先週号のぴあにはもう「諸般の事情により映画上映は行なわないこととなりました。云々」とありますね。どんな事情があったのかは分かりませんが、そもそもは芝居小屋なので、映画の上映は平日は夜の10時以降となり(だからシネマテンだったわけね)そう頻繁には行けませんでしたが、ここは他ではやらないようなマイナーでマニアックな作品の上映が多く、時々利用していただけに残念なことです。

初めてここで観た映画が『リキッド・スカイ』とゆう作品でした。確か”カルト映画”とゆう言葉が出始めた頃ではなかったでしょうか。まだ「俳優座シネマテン」と言ってた時ですね。その後「俳優座トーキーナイト」と名称が変わり、最後は「俳優座シネマ」ですか。『悪魔のいけにえ』や『ウィッカーマン』なんかもここで観ましたね。ドイツのスプラッターものの『ドイツチェーンソー 大量虐殺』とか『テロ2000年』とかも。『ミミ』『条理ある疑いの彼方に』『アメリカン・ナイトメア』etc。どれも印象深い作品ですね。

シネ・ヴィヴァン六本木も閉館してしまって久しいし、これで六本木のクセのある映画館は全滅ですか。寂しい限りですが、いつか再開してくれることを願ってます。最後に残るのはシネコンだけなのか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.10

劇場用ニュース

神奈川県の劇場で映画を観てると、たまに劇場用ニュースがかかることがあります。横浜なんかだと「神奈川ニュース」で川崎だと「かわさきトピックス」。地域密着のニュースですな。(社)神奈川ニュース映画協会とゆうところが制作してるみたいです。予告編ばかりじゃなくて、こおゆうのがたまにかかると何かホッとしますね。他の地方でもこおゆうニュースって上映してるとこあるんでしょうか?昔は故郷の映画館でも上映してたと思うんですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒沢清DVD

hebikumocure.jpg
黒沢清監督のファンなんですが、今まで一枚もDVDを持ってなかったので先日ネットでまとめ買いしました。
『CURE/キュア』:これは洋の東西を問わずサイコホラーの最高傑作だと思ってるんですがね。観終わってこれほど自分が怖くなった映画は他にありませんぜ。
『蛇の道』『蜘蛛の瞳』:この2作は一応連作なんですが、初めて観たときの衝撃は凄かったです。その不条理さ、唐突さは今までにないものでした。再映される度に劇場に足を運びました。3部作だと思っていたので、続きが出ないのが残念。

『回路』が公開された時DVD-BOX 「PULSE」が 出て、今回買った三作品と『ニンゲン合格』の四枚組みにボーナスディスクが付属したものだったんですが、2万円とゆう値段に手が出ませんでした。今回単品のまとめ買いで1万ちょっとで買えました。

でも最近の黒沢監督、ちょっとどこへ行くのかなぁ〜?って感じで今一つ作品的に面白くないんですが。『カリスマ』『回路』辺りまでは好きなんですが、最近の『アカルイミライ』『ドッペルゲンガー 』になるとどうもしっくりこない今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.08

悪魔とファントム

fox.jpg
期間限定だけど999円は安いよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.07

新着チラシ〜6/7

ホワイト・バレンタイン/父と暮らせば/ ゲート・トゥ・ヘブン/アマンドラ!希望の歌/プッシーキャット大作戦/マーダー・ライド・ショー/シュレック2(別バージョン)/ブラザーフッド(別バージョン)

今回のヴィジュアル大賞はimage/murder『マーダー・ライド・ショー』このキワモノさ加減がたまりません。次点はimage/pussycat『プッシーキャット大作戦』インパクトの点では『マーダー〜』に一歩譲りますが、キワモノ加減では負けてません。チラシは別として作品的には『ツバル』のファイト・ヘルマー監督の新作image/heaven『 ゲート・トゥ・ヘブン』が楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.05

DVD化希望作品

lepa.jpg
待望のキングダムのDVDが発売されることになりましたが、まだまだDVD化されてない名作が沢山ありますね。思い付くままにDVD化希望作品を並べてみます。
●『ボスニア』『ラテンアメリカ・光と影の詩』
この2作品がDVD化されてないのは納得いきませんね。どちらも名作だと思うんですがね。
●『精霊の島』『ムービー・デイズ』
どちらもフリドリック・トール・フリドリクソン監督作品。『春にして君を想う』と『コールド・フィーバー』の2枚組は出てるんですがね。個人的には『コールド・フィーバー』は要らないから、『春にして〜』と上記2本との3枚組BOXを出して欲しいとこ。マイナー過ぎて無理かな?
●『パップス』
いわゆるティーンの犯罪もの。海外では出てる模様。ミーシャ・バートン(『シックス・センス』『キャメロット・ガーデンの少女』)って今どうしてるの?奥山和由プロデュース作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『キングダム』DVD発売!

kingdom2.jpg
遂に発売されるんですね『キングダム[コンプリートBOX]』!!待ってました!!日本で公開されたのは編集版だったんですか?税込定価19.950円はちと高いけど、少しでも安いところを探して予約しなくちゃ。7/23発売予定。写真は98年7月にPARCO SPACE PART3(現シネクイント)で第3章・4章が上映された時のチラシです。
キングダム [コンプリートBOX]:発売元SPO


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.04

映画化の話し2。

前回のSF小説の映画化に関連して。
『戦国自衛隊』のリメイク(再映画化?)の話を聞いたような気がするんですが、どうなんでしょうね。それと『ハイペリオン』も。

ついでにアニメの実写化の話題を。

ドラゴンボールの実写化が取りやめ
allcinema ONLINEの記事から。DVD-BOXも出たりしたのにね。

エヴァンゲリオンも一時設定資料のスケッチ画像らしきものとか出てたけど、どうなってるんですかね。ルパン三世も話しありましたよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »